木村拓哉、ドラマの相手役が難航?女優側の拒絶反応と”選り好み”が原因か (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay(写真はイメージです)
Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 来年1月放送スタートの木村拓哉(44)の主演ドラマ、『BG~身辺警護人~(仮)』(テレビ朝日系)のヒロイン役のキャスティングが難航していると、一部メディアが報じている。

 現在名前があがっているのは、石原さとみ(30)や綾瀬はるか(32)、高畑充希(25)、広瀬すず(19)など。しかし彼女たちは全て現在ドラマ出演中、もしくは同クールに別ドラマの出演が決まっており難しいという。

 こうした現状に加え、さらにキャスティングを難航させているのが、ジャニーズ事務所の思惑だ。報道によれば、木村に見合うヒロイン役ということで、“スター格”に釣り合わない女優を起用するわけにもいかないということが、ネックになっているのだとか。

「SMAP騒動の余波もありかもしれませんが、ジャニーズ事務所の女優に対する“選り好み”が影響しているようです。他の芸能事務所からすると、木村と共演ということで、露出の機会が増えることを期待するため、売り出し中の新人女優を起用させたいのが正直なところ。しかしジャニーズ側がそれを突っぱねている状態なので、これがキャスティングの難航につながっている。現状をきちんと把握していないジャニーズに対して、制作サイドも不満があがってきているとか」(芸能記者)

 初のボディーガード役に挑戦と大きな宣伝文句を立てただけに、キャスティングが決まらないといったネガティブな情報は避けたいところだろう。

「木村拓哉、ドラマの相手役が難航?女優側の拒絶反応と”選り好み”が原因か」のページです。デイリーニュースオンラインは、SMAP木村拓哉ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧