NHKの異色番組『ねほりんぱほりん』でついに”ネトゲ廃人”特集が|やまもといちろうコラム (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

NHKの異色番組『ねほりんぱほりん』でついに「ネトゲ廃人」特集が|やまもといちろうコラム(写真はイメージです)
NHKの異色番組『ねほりんぱほりん』でついに「ネトゲ廃人」特集が|やまもといちろうコラム(写真はイメージです)

 NHKは謎番組をやることも多々あるのですけれども、その中でもEテレ屈指の不思議番組のひとつ「ねほりんぱほりん」でネットゲームにハマりすぎて帰ってこれなくなった人、いわゆる「ネトゲ廃人」について特集するというので興味津々です。

ねほりんぱほりん「ネトゲ廃人」登場!1日20時間以上、衝撃の実態を掘れ! - NHK ネットゲームにのめり込み過ぎて正常な社会生活ができない「ネトゲ廃人」が登場。10年以上も1日最低20時間のプレイを続ける男の衝撃の実態とは?そこまでやる訳とは?

http://www4.nhk.or.jp/nehorin/x/2017-11-18/31/7104/1317024/

 もちろん当記事は私も媒体側もNHKの回し者でも何でもないのですが、ただ何と申しますか、学生時代や社会人になってから、すべてが嫌になってネットゲームにどっぷりはまり込んでしまった切ない記憶を持つ関係者がおるわけですよ。

 何を隠そう私もその一人なんですが、ネットゲーム黎明期の名作「ウルティマ・オンライン」にどっぷりとはまり込み、英語版しかサービスのないところで初期サーバーの「Napa」で他のプレイヤーを殺し回るプレイヤーキラー、通称「赤ネーム」キャラを複数運用してペナルティを喰らい、それでもゲームを諦めきれなくて別サーバー「Sonoma」に移住、そこでも赤ネームをやりまして。そのSonomaでぶち殺した他のプレイヤーが運営であったオリジンに赤ネーム十数人に訴状を送られた中の一人に私のキャラクターが入っていたので、そこで目が醒めてすっぱり「ウルティマ・オンライン」から卒業いたしました。

 何しろこの赤ネーム、当時の仕様では「そのキャラクターが殺されるとステータス大幅下落や持ち物を持って行かれ放題」であり、さらに「安全にログアウトできない」という厳しい仕様でありました。ペナルティは日を追うごとに厳しくなる一方で、最後にはプレイヤーが他のプレイヤーを殺すことのできない「トランメル」という糞鯖さえも作られてしまったといいます。なので、ずっと起きててキャラクターを監視していないと、赤ネームを殺しに来る一見善良風なPKK(プレイヤーキラー・キラー)にやられかねず、それこそ寝不足になりながらネットゲームをやっておったのです。ストレス解消のためにネットゲームをやっているのに、ストレスが死ぬほど溜まるという人生の無駄時間を過ごした記憶が悪夢となって蘇ります。もちろん、いわゆる廃人期間というのはせいぜい5週間ぐらいであって、実際には2年ほど遊んでいたわけですが、ネトゲ廃人というのは実に不健康で、非生産的で、くだらないものでした。

注目記事
「NHKの異色番組『ねほりんぱほりん』でついに”ネトゲ廃人”特集が|やまもといちろうコラム」のページです。デイリーニュースオンラインは、ネットゲームNHKやまもといちろう連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧