常盤貴子 “超名器対決”に決着! 完全復縁で“精子吸い上げ妊活”開始

週刊実話

常盤貴子 “超名器対決”に決着! 完全復縁で“精子吸い上げ妊活”開始

 “超名器対決”ついに決着! 女優の常盤貴子(45)が、夫・長塚圭史(42)との不倫疑惑があった真木よう子(35)との“下半身バトル”に勝利した!
 「常盤は10月28日、都内で映画『花筐/HANAGATAMI』のイベントに登壇したのですが、共演した夫の長塚も出席したのです。一見、夫婦が並んだだけのようですが、公の場でのツーショットは意外にも初。しかも、長塚と真木の不倫報道から離婚危機が続いていただけに、関係者には衝撃が走りました。壇上での直接会話はなかったですが、長塚のコメントに常盤が爆笑するなど“完全復縁”を思わせる一幕もあった」(映画ライター)

 常盤は俳優兼演出家の長塚と'09年に結婚。だが'12年、長塚演出の舞台に真木がヒロインを務めたことでW不倫疑惑が勃発。真木も当時、元俳優の夫・片山怜雄がいたが、路上で酔って長塚といちゃつく写真が同年に報じられたのだ。
 「常盤と長塚の間には子供がおらず仮面夫婦説が続いていた。また真木が'15年に片山と離婚したため、いよいよ長塚も離婚し、真木と略奪婚するとの観測も強まった。しかし今回、初ツーショットを披露したことで、常盤夫婦は事実上、離婚危機を脱したとみていい。常盤が真木に対し、貫録の勝利を挙げた格好です」(スポーツ紙記者)

 真木も巨乳の持ち主だが、常盤の“超名器”には勝てなかったようだ。
 「出産経験がない常盤は20代並みのボディーを維持しています。'93年には連ドラ『悪魔のKISS』(フジテレビ系)で乳首出しヌードを披露したことがありますが、あれから25年近く経っても体型は変わっていません。胸こそEカップで真木に負けるが、下半身がすごいのです」(芸能記者)

 常盤はこれまで松本人志、福山雅治、窪塚洋介ら大物たちと浮名を流してきた。
 「常盤と付き合った男はみな、超名器ぶりを絶賛しているのは有名な話。格闘技で鍛えている真木もかなりのものらしいのですが、常盤の名器は密着感や温感が抜群というのです。長塚も最終的に、真木の巨乳よりも、妻の超名器を選んだのでしょう」(同)

 となると、今後はいよいよ第1子妊娠が期待される。
 「復縁したことで、常盤は子作りを持ち掛けたとか。頭が上がらない長塚は全面的に了承。12月16日に『花筐』が無事公開された後には、妊活SEXを始めそうです」(芸能プロ幹部)

 常盤貴子の“精子吸い上げ妊活”は始まったばかりだ。

注目記事
「常盤貴子 “超名器対決”に決着! 完全復縁で“精子吸い上げ妊活”開始」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧