小泉今日子 オトコを立てる「受け身なプライベート」に肉迫(1)ツーショット解禁の裏事情 (1/2ページ)

アサ芸プラス

小泉今日子 オトコを立てる「受け身なプライベート」に肉迫(1)ツーショット解禁の裏事情

 ドラマでは「冷静に、冷静に‥‥」が口癖の女囚を演じる小泉今日子が、私生活でおおっぴらにデートを楽しんでいると聞いては、黙認してはいられない。酒に飲まれても、絶対にツーショットを撮らせなかった姉御キャラに何が‥‥!? 噂のカレシとの関係を探るとともに、意外なプライベート姿に肉迫した。

「ドラマでは女囚役ということもあって、刑務所内のシーンではほとんどノーメイクに近い状態ですが、お肌はツルツルで張りもある。とても50代には見えません。脚本を手がけたのは『あまちゃん』(13年放送)の宮藤官九郎さん。クスッと笑えるような細かいギャグが随所に盛り込まれていて、『この感じ、懐かしい~』とハシャいでいました」

 現在放送中のドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)で主演を務める小泉今日子(51)について、スタッフはこんな現場エピソードを明かす。4話までの平均視聴率は8.4%(関東地区)とイマイチ振るわないものの、小泉の士気は高いようだ。

「従来のドラマと比べて、カット数が多く、予定よりも長丁場のロケになることがほとんど。それでも一切、疲れを見せず、坂井真紀さん(47)や森下愛子さん(59)ら共演陣と『麦飯って白米よりも高いんでしょ?』なんて、ムショの話題で盛り上がっています。オシャレな洋菓子をしょっちゅう差し入れして、現場のムードを盛り上げています」(前出・ドラマスタッフ)

 ドラマ解説者の木村隆志氏に本作の「小泉評」を聞くと、

「12年放送の『最後から二番目の恋』(フジテレビ系)で姉御肌のテレビマンを演じて以降は、サバサバした気の強い女を演じることが多かったのですが、今回演じるのは浮気夫を刺して、殺人未遂の罪で服役する主婦。女性の弱い面をさらけ出しながらも、持ち前の明るさはそのまま。薄幸でコミカルなオバさんをみごとに体現しています」

 ドラマでは塀の中の女囚を演じる小泉だが、私生活の恋愛面ではノビノビと自由を謳歌していた。

 11月2日発売の「女性セブン」は、小泉とかねてから噂の俳優・豊原功補(52)とのツーショット写真を掲載。

《カレと堂々の恋撮 アラフィフふたりの心地いいキョリ》

 と題して2人のデートの模様をレポートしている。

「小泉今日子 オトコを立てる「受け身なプライベート」に肉迫(1)ツーショット解禁の裏事情」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2017年 11/23号監獄のお姫さま豊原功補藤井フミヤ小泉今日子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧