小泉今日子 オトコを立てる「受け身なプライベート」に肉迫(1)ツーショット解禁の裏事情 (2/2ページ)

アサ芸プラス

10月下旬、都内の喫茶店のソファ席に向かい合い、コーヒーを飲みながら談笑。店をあとにすると、そろってトイレットペーパーなどの日用品を購入し、そのまま近くのマンションへ姿を消したという。記事は2人の「同棲」を匂わせているが、その間、小泉はマスクや帽子で顔を隠すことなく、自然体でデートを楽しんでいたようだ。

「2人の関係は3年ほど前から噂されていました。ただ、当時は豊原には妻子がいたため、いわば“禁断の恋”でした。ここにきて、ツーショットを解禁したのは、豊原の身辺整理がついたか、何らかの進展があったからでしょう」(芸能記者)

 小泉にも変化があったと指摘するのは芸能ジャーナリストの佐々木博之氏だ。

「スキャンダルが御法度なアイドル時代にも、藤井フミヤ(55)ら多くの有名人と浮き名を流しましたが、警戒心は強く、ツーショットは絶対に撮られませんでした。そんな小泉が堂々とデートシーンを撮られるのは、芸能界で怖いものがなくなった証拠。今さら彼女の恋愛に目くじらを立てるファンもいないし、所属事務所にも彼女の恋愛にとやかく口出しできる人はいないと思いますよ」

 もう隠さない──くだんの「デート報道」からはそんな小泉の心情が読み取れるのだ。

「小泉今日子 オトコを立てる「受け身なプライベート」に肉迫(1)ツーショット解禁の裏事情」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2017年 11/23号監獄のお姫さま豊原功補藤井フミヤ小泉今日子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧