八代英輝が韓国・文在寅大統領をぶった切り「国としての体を成していない」

デイリーニュースオンライン

Photo by PHOTO AC(写真はイメージです)
Photo by PHOTO AC(写真はイメージです)

 国際弁護士の八代英輝(53)が10日の『ひるおび!』(TBS系)の中で、日韓合意をちゃぶ台返ししようとする韓国・文在寅政権を「反日という大衆迎合で支持率を稼いでいる」と痛烈に批判し、波紋を呼んでいる。

「韓国は日韓合意について、9日に外相・康京和(62)も発言しているように、合意が『両国の公式合意だった』ことを認め、『再交渉は要求しない』としたものの、『日本政府が拠出した10億円の代わりに、韓国政府の予算を充てる』という新方針を打ち出しました。おまけに文大統領は4日に元慰安婦の女性8人を大統領府に招き、『合意は真実と正義の原則に反する』『内容、手続き、いずれも間違ったものだ」と言葉をかけてみたり、10日の年頭会見で『日本が心から謝罪するなどし、被害者が許せば解決』と発言しています。八代が批判したのは、こうした一連の茶番劇を受けてのことでした」(新聞社政治部記者)

 八代は、「全く受け入れることができない」と強く反発の姿勢をみせる河野太郎外相(55)を「100%支持する」といい、「韓国は自分自身を考えた方がいい。自分たちは国として機能しているのか、国としての体を成しているのか」と厳しい口調で批判した。いうまでもなく、この新方針と(公式見解でないとしても)大統領の発言は『最終的かつ不可逆的に解決されることを確認』した合意を根本から蒸し返すものであり、国際社会のルール違反。八代がポピュリズムと指摘するのも無理はない。

■日本国民も大反対?NHK世論調査で80%超えの「納得いかない」

 だが、この韓国の新方針に異議を唱えるのは八代ばかりではない。

「NHKは、9日に行った世論調査で、文大統領が日韓合意について『前の政権が一方的に進めたもので誤りだった』などと述べましたことについて調査を行いました。その結果、『大いに納得できる』と答えた人はがわずか1%、『ある程度納得できる』は8%、『あまり納得できない』が31%、『まったく納得できない』が51%となっています。つまり国民の82%もの人が『納得できない』と考えているのです」(前出記者)

 逆に、11日に行われた韓国の世論調査(リアルメーター)によれば、新方針について63.2%が「良い決定」としているという。半島有事の危機をかかえる両国に広がる見解の乖離。近くて通り隣国と、手を取り合う日は来るのだろうか。

文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)
※1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。
注目記事
「八代英輝が韓国・文在寅大統領をぶった切り「国としての体を成していない」」のページです。デイリーニュースオンラインは、ひるおび八代英輝韓国社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧