【革命】歴史的な瞬間! 機動戦士Zガンダムの主題歌に森口博子「水の星に愛をこめて」が復活 (1/2ページ)

バズプラス

【革命】歴史的な瞬間! 機動戦士Zガンダムの主題歌に森口博子「水の星に愛をこめて」が復活

z

人気テレビアニメーション「機動戦士Zガンダム」のネット配信版は、オープニングやエンディング曲がすべて「他の曲」に差し替えられていた。しかし2018年1月現在、すべての曲が完全に復活し、テレビアニメーション放映時と同じ楽曲になっている。

・水の星に愛をこめて
特に機動戦士Zガンダムの曲で人気なのが、鮎川麻弥の「Ζ・刻をこえて」「星空のBelieve」と、森口博子の「水の星に愛をこめて」。なかでも「水の星に愛をこめて」はいまだに根強いファンがおり、復活を待ちわびていた。

・ネット配信版で他の曲に差し替え
機動戦士Zガンダムのオープニング曲とエンディング曲は作品を盛り上げる大きな魅力とされていたため、ネット配信版で他の曲に差し替えられたことにより、その魅力が半減してしまったと声が出ていたが、これで完全復活。放映時と同じ感動を楽しむことができるようになった。

・テレビアニメーション放映時と同じ感動
機動戦士Zガンダムは、ネットフリックス(Netflix)やAmazonプライムビデオなど、複数のネット動画配信サービスで公式配信されている。気になる人は視聴してみてはいかがだろうか。テレビアニメーション放映時と同じ感動があなたを待っているかもしれない。

ちなみに今までほかの曲に差し替えられていた理由は、作曲したニール・セダカ氏との間に生じる著作権や契約の問題とされているが、明確にはされていない。

「【革命】歴史的な瞬間! 機動戦士Zガンダムの主題歌に森口博子「水の星に愛をこめて」が復活」のページです。デイリーニュースオンラインは、水の星に愛をこめて森口博子機動戦士Zガンダムカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧