深田恭子「隣の家族は青く見える」に救われる妊活女性が続出!

アサジョ

深田恭子「隣の家族は青く見える」に救われる妊活女性が続出!

 深田恭子主演のドラマ「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系)の第2話が1月25日放送され、平均視聴率は第1話の7.0%から6.2%と落ち込み、苦戦している。

 同ドラマは、共有空間を共にするコーポラティブハウスの購入を機に、妊活を始めた五十嵐奈々(深田)とその夫(松山ケンイチ)の苦悩。また、秘密を抱えた他の3家族の姿を描いている。

 妊活を始めた奈々は、“不妊症”と診断されてしまい、治療を始めるのだが、医師とのやり取りや施術などがリアルに表現されている。そのせいか、主人公と同じく妊活中の視聴者からは「結婚して子どもいないとダメな嫁なんだ?って言う思い込みで頭にハゲが3つ。 深キョンの複雑な気持ちすごく分かる」「自分も不妊で何年も辛い思いしたけど、当事者にならないとわからない傷つく言葉ってたくさんある」など、ドラマに共感している人は少なくない。

 また、「コメディだけど、妊娠・出産に関して良い勉強になる」「不妊治療に踏み込んでくれるドラマありがたいなぁ」など、妊活中でない人にとっても学ぶことは多いようだ。

「妊活は、当事者でないと理解されていないことが多い。例えば、治療には痛みが伴うものもあるなどです。このドラマをきっかけに、妊娠を望む女性に対する理解が深まるといいですね」(家族問題に詳しいジャーナリスト)

 とはいえ、決して重たくなりすぎていないのは、深田のかわいらしい魅力と松山の飄々したコンビネーションがうまくいっているからだろう。

「深田恭子「隣の家族は青く見える」に救われる妊活女性が続出!」のページです。デイリーニュースオンラインは、隣の家族は青く見える松山ケンイチ妊活深田恭子エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧