元SMAP・稲垣吾郎、主演映画決定!裏に強力なバックアップあり?

リアルライブ

元SMAP・稲垣吾郎、主演映画決定!裏に強力なバックアップあり?

 元SMAPの稲垣吾郎が、阪本順治監督との初タッグで映画「半世界」(公開時期未定)に主演することを、一部スポーツ紙が報じている。

 稲垣は元SMAPメンバーの草なぎ剛、香取慎吾と3人そろっての出演映画「クソ野郎と美しき世界」(4月6日公開)が控えるが、単独での主演はグループ解散後ならびにジャニーズ事務所から独立後初めてとなる。

 記事によると、「半世界」は阪本監督のオリジナル脚本。稲垣は山中で備長炭を作る昔かたぎの職人の主人公を演じる。長年この仕事をしてきたが、人生に希望を持たず、反抗期の息子がいながら家族のことは妻に任せっきり。たまたま、旧友2人と会い、久しぶりに腹を割って感情をぶつけ合う中で、約半分が過ぎた人生を深く見つめ直し始めるというストーリー。

 共演は主人公の旧友で、過去を抱えた元自衛官役の長谷川博己、もう1人の旧友を渋川清彦、主人公の妻を池脇千鶴が演じる。

 「キノフィルムズが製作・配給を手がけるというが、ジャニーズ事務所が“お得意さま”の東宝や松竹で元SMAPの映画を扱うのは難しい。阪本監督は香取主演の『座頭市 THE LAST』(10年)を手がけたこともあり、また、キノフィルムズのトップは、元SMAPの3人のマネジメント会社社長である飯島三智氏の良き相談相手。様々なバックアップがあって、今回の稲垣主演作が決定したようだ」(ベテラン映画ライター)

 元SMAPの3人のうち、香取と草なぎの唯一の地上波レギュラー番組が3月で終了することが、すでに発表・報道されている。

 稲垣のレギュラー番組「ゴロウ・デラックス」(TBS系)は継続の見込みのようで、映画のPRもできそうだが、果たして、主演映画の公開時期までに同番組が継続しているかが気になるところだ。

注目記事
「元SMAP・稲垣吾郎、主演映画決定!裏に強力なバックアップあり?」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧