独立美女7人が解禁した“子作り”と“艶技”(1)満島ひかりの独立理由は…

アサ芸プラス

独立美女7人が解禁した“子作り”と“艶技”(1)満島ひかりの独立理由は…

 私、芸能事務所を“卒業”します──。芸能界で相次ぐ「フリー宣言」のウラには、驚くべき「大人の事情」が隠されていた。これまで所属事務所が封印していた「艶技」を解禁する者もいれば、晴れてオトコと「子作り」にチャレンジする者も‥‥。他では絶対に聞けない独立美女たちの“ホンネ”に迫った。

〈弊社の所属を離れ、フリーとして活動をしてゆくことになりましたことをお知らせいたします〉

 3月1日、芸能事務所「ユマニテ」は公式サイトで満島ひかり(32)の独立を発表した。突然の知らせにマスコミ各社の間ではトラブルを勘ぐる動きもあったのだが‥‥。スポーツ紙記者はこう話す。

「事務所側はフリーになってもサポートを続けるようで、『円満退社』を強調しています」

 満島といえば、97年に7人組ユニット「Folder」のメンバーとして芸能界デビュー。03年に女優業に転向すると、09年に園子温監督(56)の「愛のむきだし」(ファントム・フィルム)でモントリオール・ファンタジア国際映画祭で最優秀女優賞を受賞するなど数々の賞を獲得。それ以降は演技派女優として一目置かれる存在に成長した。

「プロ意識が高くて、台本に書かれたセリフに納得がいかないと、『これはちょっとありえないよね~』と現場で意見を述べることもあります。仕事をしたいと熱望する監督が多く、映画やドラマのオファーはひっきりなしに届き、すでに2、3年先まで埋まっているそうです」(制作スタッフ)

 仕事は順風満帆のように思えるが、不満顔を見せる場面もあったという。

「作品の宣伝活動が苦手で、基本的に断っています。ただ、自分が主演の場合はそうはいかず、インタビュー取材が増えると、グチをこぼすこともありました」(芸能プロ関係者)

 今後は女優業だけに集中できる環境の中、昨年7月に公開された映画「海辺の生と死」(フルモテルモ/スターサンズ)で「乳首解禁」したことで“官能派”への仲間入りを果たした。映画評論家の秋本鉄次氏はこう話す。

「今まで原作に官能描写があっても肩透かしで終わっていたので、『海辺──』で脱いだ時は驚きました。戦争で特攻命令の出た恋人が出撃する前夜に水浴びして体を清めるシーンで、惜しげもなく乳首を見せたことでヒロインの覚悟が伝わり、作品のグレードを上げた。スレンダー微乳でイヤらしすぎないのも満島の役柄に合っていましたね」

 2年前には「海辺──」で共演した永山絢斗(29)との熱愛が報じられたものだが‥‥、独立をきっかけにゴールインはあるのか。前出・スポーツ紙記者によれば、

「交際は続いていて、今は半同棲状態。2年前に離婚した前夫とは仕事が忙しくて、子作りができずに悩んでいたことも。今後は自分のペースで仕事をしながら、結婚や出産のタイミングを見つけていくようです。それでも心配なのは、永山の酒癖の悪さ。自宅で泥酔してカラんできた時には、我慢できずに満島がビンタしちゃって一喝したこともあったそうです」

 Sッ気キャラは役作りの必要がなさそうだ。

「独立美女7人が解禁した“子作り”と“艶技”(1)満島ひかりの独立理由は…」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2018年 3/22号海辺の生と死Folder満島ひかり永山絢斗エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧