山口達也降板「ボンビーガール」司会DAIGOについて物議

まいじつ

山口達也降板「ボンビーガール」司会DAIGOについて物議

5月15日に日本テレビ系列で放送された『幸せ!ボンビーガール』は、『TOKIO』元メンバーの山口達也の降板を受けて、タレントのDAIGOがMCを務めた。DAIGOは無難に番組進行をしたが、山口目当てで番組を見ていた視聴者は違和感があったようで、視聴者離れを予感させる展開を見せた。

番組冒頭、水卜麻美アナウンサーから新MCとして紹介されたDAIGOは「頑張りまウィッシュ!」といつものポーズを披露。「いろいろあったらよろしくお願いします」と水卜アナにフォローをお願いしていた。

「昨日の晩から台本をいただいて、ミトちゃんのところ(台詞)をうちの奥さん(北川景子)に読んでもらった」と夫婦で進行を練習したというDAIGO。この日も言葉をイニシャルに変換する“DAI語”は健在で、ゲスト出演したお笑いコンビの『ANZEN漫才』を「AC(愛されキャラ)」と評し、共演者の笑いを誘っていた。

「そもそもスタジオは必要ないのでは?」と指摘も

番組は滞りなく進んでいったが、ツイッターでは山口の不在を嘆く投稿が多かった。

《DAIGOが司会やるのね、ほんとにご迷惑おかけします》
《もう声すら聞けないのですね》
《みんな頑張って触れないようにしてるけど、山口メンバーがかけた迷惑が現れてるわ》
《スタジオに山口さんがいたら…と思ってしまって何か寂しい。物足りなさを感じた》

この番組はロケのVTRが好評で、スタジオパートに言及する視聴者は少ない。

《司会進行がDAIGOだった。次からは見ることはないかなぁ》
《DAIGOさん頑張れという気持ちとスタジオ要る?という気持ちが混ざりあう》
《ボンビーガールのMC、DAIGOになったんだ。もともと山口メンバーでもそんなに存在感なかったしね》

視聴者からはこういったツイートもあり、スタジオからの放送そのものが不要なのでは、と指摘する声もあった。

山口の降板で番組は転換期を迎えたようだ。

「山口達也降板「ボンビーガール」司会DAIGOについて物議」のページです。デイリーニュースオンラインは、山口達也幸せ!ボンビーガールDAIGO日本テレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧