長谷川豊、「男性差別はいいのかな」男女差別への持論に賛否両論

デイリーニュースオンライン

ツイッター:長谷川豊(@y___hasegawa)より
ツイッター:長谷川豊(@y___hasegawa)より

 フリーアナウンサーの長谷川豊(42)が自身の公式コラム『本気論 本音論』を更新して注目を集めている。長谷川はここ数日、ジャニーズ事務所に対して痛烈な批判をしていることでも話題だが、最近では「必ず3人以上の子どもを産み育てていただきたい」という発言をした自民党の加藤寛治衆院議員の“セクハラ問題”に対して「もう『セクハラ』ってなんでもアリだな」などとコメントをするなどして物議を醸している。

 そんななか、長谷川は15日にコラムを更新し、今回は“男女差別”について綴った。そこには「『女性は被害者』と叫ぶ皆さまは男性も一緒に守ってくれないのだろうか」というタイトルで「どうしてこういう人たちって…男性の被害者やLGBTの被害者に寄り添わないのでしょうね。(中略)男性差別はいいのかな。LGBTは無視で良いのかな」などというもの。

 この内容にツイッター上では「独身男性って言うだけで同性愛を疑われますもちろん、こういうセクハラからは誰も守ってくれませんね」「女性は男性に何を言ってもいいのか?とよく思います」などといった共感の声が飛び交っていた。

 しかし、その一方で「寄り添わないというのは、何を根拠におっしゃってるのでしょうか?」「イチャモンつけてるだけとしか思えない」などといった批判的な声も少なくなかった。何かを発信するたびに賛否両論が飛び交うなど、長谷川の発言に注目度が高まっている。

「長谷川豊、「男性差別はいいのかな」男女差別への持論に賛否両論」のページです。デイリーニュースオンラインは、長谷川豊エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧