欅坂46・平手友梨奈のモノマネで大炎上のキンタロー。が「冷静さを保てる」ワケとは?

日刊サイゾー

キンタロー。オフィシャルブログより
キンタロー。オフィシャルブログより

 女性お笑い芸人のキンタロー。が、人気アイドルグループ・欅坂46のメンバー、平手友梨奈のモノマネをテレビ番組で披露。これにネット上でクレームが殺到した。

 先日放送された特番『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(フジテレビ系)に出演し、くだんのネタを披露したキンタロー。は、ほかの女性芸人らとグループを組んでパフォーマンスを行ったが、これを欅坂46の熱心なファンが問題視。インターネット上での批判はもちろん、キンタロー。の報告では所属する松竹芸能にまでクレームの電話が入ったというのだから、穏やかではない。

 本人は「罵詈雑言が届いてます」と公式ブログで明かし「悪意なんて一切ない」と主張した。

「今のご時世、ちょっと印象深いことを表現しようものなら、たちまち批判の対象となる。中には、テレビ局やスポンサーにまでクレームを入れるタチの悪い輩もおり、それを恐れて芸人自体も萎縮せざるを得ないことが多くなっている」(お笑い関係者)

 キンタロー。にとっては、ブレークするきっかけとなった元AKB48の前田敦子に続く“2度目”の炎上。それでも、冷静さを保っているようだ。

「炎上の規模から言えば正直、前田敦子の時の方がすごかったですからね。本人もまだ駆け出しの頃ですし、前田のネタしか武器がなかったけど、今は社交ダンスはもちろん、ほかのモノマネのクオリティも総じて高いので、制作スタッフのウケはいい。騒ぎをうまく沈静化させることは大事ですが、大騒ぎになっても冷静な対応をしているのは、これまでの経験で免疫がつき、仕事相手の信頼を勝ち得ていると判断しているからだと思いますよ」(同)

 AKB48に比べれば、メンバー個々の世間一般の知名度は坂道グループの方が劣るとみる向きは強い。それだけに、キンタロー。のモノマネは本来ならば“歓迎”されてもいいはずだが……。

注目記事
「欅坂46・平手友梨奈のモノマネで大炎上のキンタロー。が「冷静さを保てる」ワケとは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、キンタロー。お笑い炎上エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧