天才テリー伊藤対談「山田ルイ53世(髭男爵)」(1)一瞬だけ月収が1000万超え (1/2ページ)

アサ芸プラス

天才テリー伊藤対談「山田ルイ53世(髭男爵)」(1)一瞬だけ月収が1000万超え

●ゲスト:山田ルイ53世(髭男爵)(やまだ・るい・53せい) 1975年、兵庫県生まれ。大学を中退して上京、東京NSCの3期生となる。99年、相方のひぐち君と「髭男爵」結成。しばらく普通の漫才をしていたが、2004年頃から男爵風の衣装をまとい、髭を生やしてネタをするように。06年、「M-1グランプリ」の準決勝に進出、知名度を上げる。その頃からネタのスタイルが受け始め、08年頃よりテレビ出演が急増する。15年8月、自身の半生をつづった初の著書「ヒキコモリ漂流記」(マガジンハウス)出版。16年12月より「新潮45」(新潮社)にて「一発屋芸人列伝」の連載を開始。レイザーラモンHG、コウメ太夫、ジョイマン、ムーディ勝山などの現在を取り上げたルポが高い評価を受け、「第24回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の「作品賞」を受賞。5月31日、その連載をまとめた「一発屋芸人列伝」が新潮社より発売される。

 ワイングラス片手に「ルネッサーンス!」というギャグで一世を風靡した、お笑いコンビ「髭男爵」の山田ルイ53世。最近では文筆活動で高い注目を浴び、このたび、自身を含む「一発屋芸人」をテーマにした新刊が発売される。その読み応えに、天才テリーも思わず乾杯!?

テリー 俺、何年か前にネットでたまたま男爵の書いた文章を読んだことがあって、「こんなにうまい文章を書けるのか」ってビックリしていたんですよ。

山田 ハハハ、僕のキャラじゃないですものね。

テリー さらに3月には、月刊誌に連載していた「一発屋芸人列伝」が「第24回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」作品賞を受賞したんだよね。おめでとうございます。

山田 ありがとうございます、連載もやっと書籍になったんですよ。10年ぐらい何の評価もされなかったので、マラソンを走ってて久しぶりに給水所にたどりついたみたいな気分です(笑)。

「天才テリー伊藤対談「山田ルイ53世(髭男爵)」(1)一瞬だけ月収が1000万超え」のページです。デイリーニュースオンラインは、一発屋芸人列伝週刊アサヒ芸能 2018年 6/7号山田ルイ53世髭男爵テリー伊藤エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧