日本では少数派!?欧米では常識の「デリケートゾーンのケア」が必要なワケ

アサジョ

日本では少数派!?欧米では常識の「デリケートゾーンのケア」が必要なワケ

 顔・肌の乾燥や保湿ケアはしていますが、デリケートゾーンのケアまでしているという人はどれくらいいるのでしょうか? 欧米では、デリケートゾーンケアの商品が一般のスーパーの棚にずらっと並び、小さい頃からお手入れをするのが常識になっていますが、日本ではまだまだ少数派といえるのでは。

 実は、顔や肌とデリケートゾーンでは、ph値が違います。そのため、普通のボディソープではph値が傾いてしまいます。ph値が傾くと細菌が繁殖しやすく、かゆみや蒸れなどの原因に。なので、ph値を正常に保つためにも、普通のボディソープではなく、デリケートゾーン専用のものを使うのが大切なのです。

 年齢とともに肌の乾燥やシワが増えるのと同様、デリケートゾーンも老化します。専用の洗浄剤でやさしく洗った後は、黒ずみ防止のクリームや保湿クリームでケアしましょう。ドラッグストアや、海外の化粧品・雑貨を置いているバラエティショップでも、最近はデリケートゾーンのケア商品を見かけるようになってきたので、気になる人は、ぜひお店で手に取ってみてくださいね。

「日本では少数派!?欧米では常識の「デリケートゾーンのケア」が必要なワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、ph値クリームスキンケア保湿デリケートゾーン女子などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧