吉岡里帆が“水着・谷間ナシ”グラビアを披露し「舐めてんのか?」と不満の声続出

日刊サイゾー

「週刊少年マガジン」公式サイトより
「週刊少年マガジン」公式サイトより

 7月11日に発売された「週刊少年マガジン」32号(講談社)の表紙&巻頭グラビアに、女優の吉岡里帆が登場。透明感あふれる爽やかショットが掲載されたのだが、ネット上からは不満の声が続出中だ。

 同号で吉岡は、紫色のスカートに茶色のタンクトップを合わせた姿や半袖の白シャツ+ショートパンツ姿、デニム生地のワンピース姿など夏にピッタリな爽やかな装いを披露。アンニュイな表情を浮かべるショットは、“女優・吉岡里帆”の気品を感じさせる仕上がりになっている。

 さらにグラビアページ内には、今月17日から放送が開始される主演ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)を語るインタビューも掲載。見所満載のグラビアなはずだったのだが……。

「『マガジン』へ半年ぶりに登場した吉岡に、ネット上からは『エロビキニどこだよ。舐めてんのか?』『最低でもビキニ』『浅川梨奈ちゃん見習えよ』『売れたら脱がなくなる典型的なやつ』などの声が続出しています。2016年にドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)や『カルテット』(TBS系)に出演してブレイクした吉岡は、女優として活躍する前に水着姿のグラビアをたびたび披露していました。その豊満なボディを再び拝みたい男性ファンも多いようですが、ブレイク後は水着姿を封印。今回のグラビアも“水着・谷間ナシ”だったため落胆する声が続出しています」(芸能ライター)

 深田恭子や綾瀬はるかなど、ブレイクする前に水着グラビアを披露してきた女優も多い。深田や綾瀬は最近でも水着姿を写真集で披露しているが、吉岡の水着姿を再び見ることはできるのだろうか。

「吉岡は当初『水着撮影を最初はやりたくなかった』と発言し、『グラビアをやったことのある女優をバカにしている』と炎上する騒ぎを起こしています。しかし後に『文春オンライン』のインタビューで、最初はグラビアに戸惑いがあったことを認めた上で『やっぱりやればやるほど、やりがいを感じているんです』と発言。今年1月期に放送されたドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)では下着姿を披露していますし、再び水着になる可能性はあると思います」(同)

 ドラマやCMなどで大活躍中の吉岡。少し仕事が落ち着いたら、また水着姿を披露して男性ファンを喜ばせてほしいものだ。

「吉岡里帆が“水着・谷間ナシ”グラビアを披露し「舐めてんのか?」と不満の声続出」のページです。デイリーニュースオンラインは、吉岡里帆エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧