「本当は4センチ低い」。小兵・吉澤太一(セブンズ日本代表)、強気でW杯へ。 (1/2ページ)

ラグビーリパブリック

埼玉・熊谷の奈良中でラグビーを始め、正智深谷高校、立正大を経てコカ・コーラへ。「もっと信頼される選手になりたい」。(撮影/松本かおり)

 告白は、持ち前の「強気」について尋ねたときだった。

「(配布されたセブンズ日本代表メンバー表の)プロフィールには175センチとありますが、実際は170・9センチしかない。体重も本当は80キロなくて78キロなんです」

 7月20日から米・サンフランシスコで始まるワールドカップ・セブンズに向かう男子セブンズ日本代表に選ばれた吉澤太一だ。

「このチームでもいちばん小さいし、常に戦う相手は自分より大きい。だから、強気でないと戦えない。学生時代からそう思い続けてきました」

 気持ちを前面に出したアタックで、チームに勢いを与える存在と期待されている。

 キャプテンを務めた立正大からコカ・コーラに入社して今季が5年目のシーズン。鋭いアタックはチームに欠かせぬものとなると同時に、セブンズ代表でも存在感を増しつつある。

 ワールドラグビー・セブンズシリーズへの出場は今年4月のシンガポール大会だけも、その舞台で結果を残したことがワールドカップ行きの切符獲得を呼んだ。

 同じセブンズ代表の副島亀里ララボウラティアナラをはじめ、ジャパン、サンウルブズに選ばれるラファエレ ティモシー、ウィリアム・トゥポウと、レッドスパークスのチームメートが世界を相手に戦っていることも刺激になった。

「いつも一緒にいる仲間の活躍に、いつか自分も、と思い続けていました」

 ここまで来たらワールドカップの舞台に絶対に立ちたい。

 2020年東京オリンピックへの出場も大きな目標だ。

 仲間が高めてくれた向上心。中でも、ラファエレとはともに励まし合ってきた仲だ。

 山梨学院大出身のラファエレとは同期入団。大学時代は、ともに関東大学リーグ戦の2部を経験している。

「だから2人で、2部からでもやれることを見せよう、って言ってきたんです」

 そんな関係だから、ラファエレがスーパーラグビーや日本代表での活動から戻って来ると話を聞き、吉澤は将来の自分を思い描いた。

 自分もやれる。

「「本当は4センチ低い」。小兵・吉澤太一(セブンズ日本代表)、強気でW杯へ。」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧