TokenSky Tokyo 著名な登壇者を独占インタビュー【動画:日本語字幕有り】 彼らが目指すブロックチェーンビジネスとその将来性とは (1/4ページ)

バリュープレス

株式会社ブルーキャッスルのプレスリリース画像
株式会社ブルーキャッスルのプレスリリース画像

大会終了後、CSDN、『プログラマー(程序员)』雑誌創設者の蒋涛、著名なエンジェル投資家兼CariNetの取締役会会長の薛蛮子、はLongHashインキュベーターを創設した「暴走恭親王」、SoPayのCOO陳啸天、シンガポールの会社Block Village代表であるNeon等著名人とゲストがデジタルジャーナル(英:Digital Journal)のインタビューに応じた。


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=IGecbkKuzeM ]


2018年7月4日―5日、TokenSky組織委員会、日本ゲーム会社Asobimo、中国IT技術コミュニティ・CSDNが主催した「2018TokenSkyブロックチェーン大会・東京」が東京BelleSalle汐留で開催された。


大会は『ブロックチェーン+』をテーマに、ブロックチェーンのグローバル化及び業界を超えたパートナシップの推進、そして、アニメ・漫画、人工知能、IoT、セキュリティー安全等の領域における融合及び応用の促進を巡って、参加した著名人、ゲストは独自の観点を披露した。
「TokenSky Tokyo 著名な登壇者を独占インタビュー【動画:日本語字幕有り】 彼らが目指すブロックチェーンビジネスとその将来性とは」のページです。デイリーニュースオンラインは、ネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧