長嶋茂雄、王貞治…レジェンドたちが認めた「至高のプロ野球選手」 (1/6ページ)

日刊大衆

長嶋茂雄、王貞治…レジェンドたちが認めた「至高のプロ野球選手」

 一流といわれる選手の中でも、さらに選ばれし者たちだけに与えられる特別な地位。球史に残る「攻守の星」は誰だ?

 いよいよペナントレースは終盤戦。特にCS進出のかかったチームには、大事な試合が続く。こういった勝負のかかる局面で、輝きを見せるのが「4番打者」そして「エース」という存在だろう。プロ野球の長い歴史の中で名選手は数多くいるが、4番やエースという肩書きを背負っていた選手となると、実は意外に少ない。自身も南海の4番として活躍した球界レジェンドの一人・野村克也も、この2つの役割を特別視している。「野村さんは“チームの鑑となって、組織を牽引し、勝利に導く存在”こそが4番とエースであると語っています。ただ、優れた成績を残すだけではなれないということです」(スポーツ紙記者)

 野村と肩を並べる「レジェンド4番打者」には“ON”の長嶋茂雄王貞治がいる。2人のすごさは今さら語るまでもないが、それでは、彼らが“最強の4番”と認めるバッターは誰なのだろうか。「長嶋さんが惚れ込んだ4番打者といえば、やはり松井秀喜です。巨人監督時代、松井を4番にすえるために“1000日計画”を立てて育成したのは有名な話。“現代で最高のホームランバッター”と、引退時まで絶賛していました」(スポーツ紙ベテラン記者)

 長嶋からマンツーマンで熱血指導を受けた松井は、在籍10年で332本塁打を放ち、巨人歴代屈指の4番打者に成長。さらにはメジャーの名門、ヤンキースの4番を打つまでになった。

「長嶋茂雄、王貞治…レジェンドたちが認めた「至高のプロ野球選手」」のページです。デイリーニュースオンラインは、埼玉西武ライオンズ野茂英雄野村克也松井秀喜王貞治スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧