天才テリー伊藤対談「上柳昌彦」(4)うえちゃんはあと10年頑張ろうよ! (2/2ページ)

アサ芸プラス

テリー 逆に浮気し放題なんじゃない?(笑)なんて、そういう話は朝のラジオでもしているの?

上柳 いや、さすがにここまでは‥‥ただね、この本のタイトル、最初は「定年ラジオと前立腺」にしようと思っていたんですよ。そしたら担当の編集の方から「買う人が引いちゃうからダメだ」と言われて。

テリー えっ、「前立腺」が入っていたほうが絶対によかったよ!

上柳 リスナーの方もそうだったみたいですね。同じように番組の中でタイトルのことを話したら、「定年ラジオと前立腺」で本屋さんに注文した人が多かったらしくて(笑)。

テリー でもね、真面目な話、俺はうえちゃんがこういう本を出したのはとてもいいことだと思うんだよ。うえちゃんの物の見方やふだん会社では見せないナイーブさを、ラジオの現場の人や後輩の人たちに感じ取ってもらえると思うからさ。じゃあ最後に、今後はどんなふうに仕事に取り組んでいきたいと思っていますか。

上柳 今の自分のレギュラー番組を、できるだけ長くやっていきたいです。自分みたいな居場所のないおじさんに、「これを聴いている時が楽しみなんだ」と言ってもらえるような場所にできれば最高なんですが。

テリー 少なくとも、あと10年は頑張ろうよ。

上柳 そうですね。あと、本を出したおかげでこういう場にも呼んでいただけましたので、放送以外の仕事も少しずつやってみたいなと思っています。

◆テリーからひと言

 やっぱりうえちゃんはおもしろいなァ。まだまだ秘蔵のエピソードもあるみたいだから、ぜひ第2弾「前立腺尿ラジオ」を出版してほしいね。

「天才テリー伊藤対談「上柳昌彦」(4)うえちゃんはあと10年頑張ろうよ!」のページです。デイリーニュースオンラインは、上柳昌彦ニッポン放送前立腺ガンアナウンサーテリー伊藤連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧