山里亮太『不毛な議論』クズ店員批判に賛否両論 (1/2ページ)

日刊大衆

山里亮太『不毛な議論』クズ店員批判に賛否両論

 10月3日深夜放送のラジオ番組『JUNK 山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)で、南海キャンディーズ山里亮太(41)が、舌打ちするコンビニ店員やタクシー運転手に苦言を呈したことに、さまざまな声が上がった。

 番組開始から40分ほど過ぎた頃、山里亮太はスマートフォンのアプリが、パスワードを入力しても指紋認証してもログインできなくなったエピソードを話し始めた。周囲に相談しても解決法が分からないためスマホのメーカー直営店に相談に行ったところ、「俺が本当に説明とかがダメだから。恥ずかしいけど」と前置きしつつ、女性店員の対応が自分をバカにしたように感じたため、恥ずかしくて「心、バッキバキに折れちゃって」とボヤいた。

 さらに、自分のスマホが古いことが原因かもしれないと話した山里亮太に、女性店員は自分も同じ型のスマホを使っているとし、「私、普通に使えますけど」と対応したとか。山里はこれに「“けど”で止まるってことは、“おまえがバカなんじゃん?”って言われているような気になってくるわけ、俺は」「あの人たちってさ、俺の知ってる情報だと、すげぇ(ふだんから)ハイタッチとかしてるから、気さくな人たちかなって思ったのよ。俺は、一瞥(いちべつ)ぐらいだったかな、いただけたのは」と、山里らしい被害妄想を一気にまくしたてた。

 そんな、店員への不満を爆発させた流れから、山里亮太はリスナーメールのテーマを「あなたの知っている神店員やクズ店員を教えて」と発表。

「山里亮太『不毛な議論』クズ店員批判に賛否両論」のページです。デイリーニュースオンラインは、山里亮太の不毛な議論南海キャンディーズ山里亮太エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧