中居正広が考える“助かる女性芸能人”は「待てる子」 “元SMAP”を連想させ、ネットが沸く

リアルライブ

中居正広が考える“助かる女性芸能人”は「待てる子」 “元SMAP”を連想させ、ネットが沸く

 10日、元SMAPの中居正広がレギュラーを務める『ナカイの窓』(日本テレビ)が放送。『番付の窓』と題して、ゲストの指原莉乃、陣内智則、トシ(タカアンドトシ)、バカリズムらと共に様々なテーマのオリジナルベスト3を決めた。

 まずは、“バラエティー番組でいると助かる女性芸能人ベスト3”を決めることに。中居が「恥ずかしいな」と照れると、トシは「中居さんの意見はデカい」と煽る。指原も「知りたいけど知りたくない」と言い、「これでこじるり(小島瑠璃子)のこと書いたら嫌いになる」と話してスタジオを笑わせた。

 そんな中居が「生々しいな」と言いながら出したのはSHELLY。トシやバカリズムも「名前を出そうとしていた」という彼女の魅力について、中居は「笑い声がすごく好き」とコメント。アシスタントをしても爪痕を残そうという気がせず、打席に立つまで待てる人と褒めたたえた。そして、2人目に出したのは小池栄子だった。陣内は中居の答えの傾向として、「自分の懐に来るまで待つ人が好きなんですね」と分析していた。

 続いて決めたのは、“芸能人が出たいテレビ番組”について。こちらについて中居は「朝ドラ」と回答。オファーが来たこともなければ出たこともないと言い、「勝手がわからない」と語った。指原が「大阪が舞台だと大阪に住まなければならない」と言うと、「それは嫌だ」と述べ「ちょっとでいい」と願望を吐露した。

 「ネットで一番バズったのは“居心地の良いテレビ局”という質問。そこで指原がネット局としながらも、“AbemaTV”の名前を挙げました。Abemaといえば、元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の3人がレギュラー出演している番組があります。中居の表情を見たファンが“3人のこと絶対思い出している”“さっしーナイス”と大盛り上がりでした」(エンタメライター)

 滅多に語られない中居の本音が見えた今回の企画。第2回、第3回と、どんどん質問がコアになっていくと、彼が普段本当に思っている本当の気持ちが明らかになっていくだろう。もちろん全部が放送されるわけではないだろうが、間接的だとしても、この企画でSMAPへの想いが聞けたらファンとしては嬉しいかぎりだ。

「中居正広が考える“助かる女性芸能人”は「待てる子」 “元SMAP”を連想させ、ネットが沸く」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧