渋谷のハロウィン騒動、マスコミ報道にヤラセ疑惑!? 「謝礼でサクラを呼び出し、瓶ビールをわざと…」TV関係者が暴露 (1/2ページ)

トカナ

イメージ画像:「Getty Images」より
イメージ画像:「Getty Images」より

 ここ数年のハロウィンは大騒ぎするのが風物詩となっており、特にスクランブル交差点をはじめとした東京渋谷の喧騒は毎年ニュースで取り上げられるほどだ。痴漢や盗撮、暴行などの犯罪によって逮捕される人も毎年出ており、翌朝に出ている大量のゴミも問題になっている。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/10/post_18591_entry.html】

 しかし、近年はこの話題の裏でテレビ局がおかしな演出を加えているというから最悪だ。

「ワイドショーにとってハロウィンの大騒ぎはありがたいネタです。渋谷に行けば必ず何か問題が起こっているので、その姿を映すだけでもニュースになります。ただ、最近は一部のやりすぎな人々が出てきたおかげで参加者も減っています。これではおいしい映像が撮れないため、局によっては『仕込み』を入れています」(情報番組プロデューサー)

 仕込みとはどういうことなのだろう。

「それぞれの番組のスタッフは過去に渋谷で過激な行動に出た人の連絡先をキープしています。そこに連絡を入れて渋谷に来てほしいと頼むんです。『暴れてほしい』とはさすがに言えないものの『おいしい映像が撮りたいんです』とお願いして、謝礼を払うわけです。相手は意図を理解してカメラの前でいろいろパフォーマンスしてくれます。スタッフにとってカメラマンを連れていったのに何も撮れませんでしたじゃシャレにならないので、こうした仕込みを用意しているわけです。実際、最近は大騒ぎする人間が限られてきたので、仕込みを入れないと撮れ高が不足することもあるんです」(同)

 撮れ高が欲しいのは理解できるが、仕込みとは本末転倒だ。大きな騒動が起こらないのが本来の渋谷ハロウィンの姿かもしれないのに、わざわざ騒ぎを用意するとは最低としか言いようがない。

 さらに、危険な騒動を仕込もうとする人間までいるという。

「今年は渋谷区が危険性を考慮して近隣のコンビニなどに瓶に入ったアルコール飲料を売らないように要請しました。

「渋谷のハロウィン騒動、マスコミ報道にヤラセ疑惑!? 「謝礼でサクラを呼び出し、瓶ビールをわざと…」TV関係者が暴露」のページです。デイリーニュースオンラインは、暴動痴漢テレビ局盗撮放送作家社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧