ラグビー大国のNZとイングランド4年ぶり激突へ エディーはアシュトン起用 (1/3ページ)

ラグビーリパブリック

2

イングランド代表として4年ぶりに先発するクリス・アシュトン(Photo: Getty Images)

3

イングランド戦へ向けて練習するオールブラックス(Photo: Getty Images)

 北半球と南半球のラグビー大国、イングランド代表とニュージーランド代表が4年ぶりに激突する。両チームは1年後に日本で開催されるラグビーワールドカップで優勝を争うと見られており、11月10日にトゥイッケナム・スタジアムでおこなわれる2強の対決は世界が注目のビッグゲームである。

 前日本代表指揮官の名将エディー・ジョーンズがけん引するイングランド代表は、今年のシックスネーションズ(欧州6か国対抗戦)で5位に終わり、6月の南アフリカ遠征でも負け越して、最新の世界ランキングは4位。しかし、2015年の自国開催ワールドカップで屈辱のプールステージ敗退を喫したあと、ジョーンズ体制となって26勝6敗(勝率81.25%)と好調で、ニュージーランド代表が持っていたテストマッチ18連勝の記録に並び、2016年と2017年はシックスネーションズ連覇を達成、ニュージーランド代表が最も警戒するチームのひとつである。

 オールブラックスの愛称で知られるニュージーランド代表は、テストマッチですべての対戦相手に勝ち越している唯一のチームであり、ワールドカップでは最多の3回優勝、世界ランキングは2009年11月16日から9年間ずっと1位の最強軍団だ。

 両チームの対戦成績はニュージーランドが32勝1分7敗と大きく勝ち越しており、黒衣の男たちは4年ぶりの対決で6連勝を狙う。イングランドは2012年12月1日以来のオールブラックス戦勝利に燃える。

「ラグビー大国のNZとイングランド4年ぶり激突へ エディーはアシュトン起用」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧