天才テリー伊藤対談「近田春夫」(1)新アルバムの俺はまな板の鯉だから (1/2ページ)

アサ芸プラス

天才テリー伊藤対談「近田春夫」(1)新アルバムの俺はまな板の鯉だから

●ゲスト:近田春夫(ちかだ・はるお)  1951年、東京都生まれ。慶応大学在学中にキーボード奏者としてカルメン・マキ・バンドや内田裕也グループなどに参加。72年に「近田春夫&ハルヲフォン」を結成、76年アルバムデビュー。その後も近田春夫&BEEF、近田春夫&ビブラトーンズ、ビブラストーンといった、ジャンル・形態を問わない音楽活動を展開。77年、「オールナイトニッポン」の火曜2部パーソナリティを務め、78年、雑誌「POPEYE」で「THE 歌謡曲」の連載を開始、さらに同年10月スタートのTBS系ドラマ「ムー一族」にレギュラー出演するなど、俳優、タレント、DJ、作詞家、作曲家、プロデューサー、歌謡曲評論家としても活躍。現在は、元ハルヲフォンのメンバーと組んだ新バンド「活躍中」の他、DJ・OMBとのユニット「LUNASUN」でも活動中。97年より「週刊文春」で音楽コラム「考えるヒット」連載中。10月31日、近田春夫名義としては38年ぶりのソロアルバム「超冗談だから」(ビクター・エンタテインメント)が発売。

「近田春夫&ハルヲフォン」で電撃的にデビュー、以後もさまざまな音楽ジャンルを横断しながらテレビ・ラジオ出演、コラム執筆など多彩な才能で活躍中のミュージシャン・近田春夫。このたび38年ぶりのソロアルバム発売が決定、その報を受けた天才テリーも気が気じゃない!?

テリー 大学院に通う車の中で、ニューアルバムの「超冗談だから」を聴かせてもらいましたよ。1曲目の「ご機嫌カブリオレ」、秋元康さんの詞がすごくて驚いちゃった。

近田 うん、本当にさすがだね。あれはまさに叙事詩ですよ。流れている時間の長さがすごい壮大でさ、曲は軽くて一見、大ざっぱだけど、ものすごく深いこと言ってるから。たぶん秋元は、俺が車に乗っていた頃のイメージで書いたんだろうね。

テリー これ、ソロアルバムとしては38年ぶりらしいけど、どうしてこの時期に出すことになったの?

近田 最初はそんなつもり全然なかったんですよ。

「天才テリー伊藤対談「近田春夫」(1)新アルバムの俺はまな板の鯉だから」のページです。デイリーニュースオンラインは、超冗談だから週刊アサヒ芸能 2018年11/8号近田春夫秋元康テリー伊藤連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧