ブラザー・コーン、NHK「コントの日」出演で“裏社会疑惑”が晴れた!?

アサジョ

ブラザー・コーン、NHK「コントの日」出演で“裏社会疑惑”が晴れた!?

 11月3日放送の「コントの日」(NHK)に出演した「バブルガムブラザーズ」こと、ブラザー・トムとブラザー・コーンのコンビ。2人は「残留バブリスト」というタイトルのコントに本人役で出演。田中美奈子や風間トオルらが、とっくにバブルは崩壊していることに気づかず、地下にあるディスコを占拠して夜な夜な騒いでいるという設定だ。

 バブルガムブラザーズの2人は1990年8月にリリースした大ヒット曲「WON‘T BE LONG」を歌い、田中や風間は歌に合わせて踊ってみせた。

「現在20代以下の若者の中には、この曲をEXILE&倖田來未のオリジナル曲だと勘違いしている人も少なくないと聞いていますが、ブラザー・コーンの出身地・東京都杉並区高円寺で、毎年8月末に開催される“東京高円寺阿波おどり”をモチーフにして作った楽曲で、おじさん2人が歌っているのがオリジナルです。

 ブラザー・コーンは2012年6月に元マネジャーとの間でトラブルとなり、その元マネジャーに対して裏社会の組織の名前を挙げながら脅したとして、暴力行為等処罰法違反の容疑で逮捕、略式起訴されました。しかし、取り調べでは容疑を否認。釈放後の取材では『自分は(裏社会の組織とは)何ら関わりを持っていない。それだけは“豪語”する』とコメントしていましたが、それ以来めっきり表舞台で姿を見なくなっていました。今回、NHKの番組に出演したことで、ネット上では『これでかかわりがないって証明できたのでは?』『NHKに出演するってそういうことだよね』といった声が見受けられました」(音楽誌ライター)

「メッシー、アッシー」「チャン、リン、シャン」など、バブル当時の流行り言葉が続出したコント「残留バブリスト」。コーンが駆使する逆さ言葉の業界用語が聞きたくなった視聴者も少なくなかったのでは。

「ブラザー・コーン、NHK「コントの日」出演で“裏社会疑惑”が晴れた!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、バブルガム・ブラザーズコントの日バブル時代ブラザー・コーンNHKエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧