乃木坂46白石麻衣、「中学時代のイジメ被害の原因」に“性格の良さ”滲み出た! (1/2ページ)

アサ芸プラス

乃木坂46白石麻衣、「中学時代のイジメ被害の原因」に“性格の良さ”滲み出た!

 本人としては思い出したくない話ではあったが、好感度が上がるばかりだ。

 乃木坂46の白石麻衣の知られざる過去の真相について、11月18日にネット配信された「直撃! 週刊文春ライブ #8」が報じている。

 白石といえば、2nd写真集「パスポート」が“異次元”レベルの売り上げを見せるなど、男性はもちろん同性にもあこがれられる存在。しかし、意外なことに中学時代はイジメを受け、不登校気味になっていたことを15年に公開されているドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」内で語っていた。

 同映画で白石は「女子テニス部が敵だった」と話していたが、具体的なことは明らかになっていなかった。

 しかし、今回の「週刊文春」の配信では白石が受けていたイジメの詳細について明かしている。

「週刊文春の配信によれば、白石がイジメを受け始めたのは中学1年生頃からで、上履き隠しや、ノートやカバンに落書きなど、定番のイジメを受けていたそうです。また、イジメを受けるようになったきっかけについてはイジメを受けていたクラスメイトを白石がかばったことと紹介されています。当時は小学校からボーイフレンドもいたということですが、自身もイジメに巻き込まれることを恐れて離れていたとのこと」(アイドル誌ライター)

 白石ほどの美女がなぜイジメを受けてしまったのか、ということについては多くのファンが以前から疑問に思っていたこと。そのため、今回、いじめられていたクラスメイトをかばって標的になったという事実が一気に拡散されたことで、ネット上では「クラスメイトをかばってとか…見た目もだけど、性格もキレイすぎる」「要するにまいやんは女神様ってことだよね」「乃木坂の活動を見ていても、まいやんがやさしい人なのは本当に伝わってくる」など、白石の性格面を絶賛する声が多数見られている。

「同じ1期生メンバーである松村沙友理が、乃木坂のオーディション帰りに駅で男にいきなり誘われているのを見て、白石は当時まったく話したことがなかった松村に『一緒に帰ろう』と話しかけて、助け出したというエピソードがありましたし、困っている人がいれば手を差し伸べずにはいられない性格なのでしょう。

「乃木坂46白石麻衣、「中学時代のイジメ被害の原因」に“性格の良さ”滲み出た!」のページです。デイリーニュースオンラインは、堀未央奈悲しみの忘れ方松村沙友理白石麻衣乃木坂46エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧