水ト麻美アナ「日テレ残留」を決めた『S』ボーナスと“安住級”特別待遇 (1/3ページ)

日刊大衆

水ト麻美アナ「日テレ残留」を決めた『S』ボーナスと“安住級”特別待遇

 2月5日、TBSの宇垣美里アナウンサー(27)が、生出演したラジオ番組『アフター6ジャンクション』で3月いっぱいでのTBS退社を発表した。

「宇垣アナは前々から、今春での退社がささやかれていました。今後はどうやら、オスカープロモーションに所属し、アナウンサー職以外の仕事もやっていくそうです。女優業や、グラビアも期待できますね」(スポーツ紙記者)

 局アナを辞めることを決意した宇垣アナの一方で、「フリー転身最右翼」と言われながら、どうやら局残留を決意しそうだというのが、ナンバーワン人気アナの日本テレビの水卜麻美アナ(31)。残留の大きな理由として聞こえてくるのが、意外なことに「金銭面」だというのだ。「売れっ子アナウンサーはフリーになったら10倍は稼げる」というのが通説だったはずだが、局アナで残ったほうがいいとは、どういうことか!?

「実は、ミトちゃんは、日テレから相当“アツい”待遇を受けているんです」

 と語るのは放送作家。新年が始まって最初の月曜日にあたる1月7日、水卜アナの姿は、多くの日テレ局員が見つめる視線の先にあった。

「ミトちゃんは、昨年大活躍した社員が対象の表彰式に出ていたんです。表彰されるのはごくわずかな人数でしたが、ミトちゃんの評価は“VP”。スポーツなどでもよくあるMVPのVPで、殊勲選手という意味ですよね。彼女には賞金50万円が渡されたそうです。実はミトちゃんは、昨年に続いて2年連続の表彰。ちなみに昨年はMVP。賞金は、おそらく100万円は出ているんじゃないですかね!?」(前出の放送作家)

 新年早々、50万円もの“お年玉”をゲットしていたという水卜アナ。なんともうらやましい限りだが、彼女の毎年の活躍を考えればそれも納得かもしれない。

「視聴率が堅調なレギュラー出演番組だけではなく、『24時間テレビ』の総合司会や、昨年行われたNHKとの交流イベントなど、水卜アナは“日テレの顔”として活躍しています。

「水ト麻美アナ「日テレ残留」を決めた『S』ボーナスと“安住級”特別待遇」のページです。デイリーニュースオンラインは、宇垣美里安住紳一郎日本テレビ水卜麻美エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧