小川彩佳アナ、“四面楚歌”タブー移籍後の「意外な身の振り方」

日刊大衆

小川彩佳アナ、“四面楚歌”タブー移籍後の「意外な身の振り方」

 2月8日に、1歳年上の一般男性と結婚することを発表したテレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(34)。さらに小川アナは、自身が司会を務める報道番組『Abema Prime』(AbemaTV)で、3月末で同社を退社し、4月からはフリーとして仕事を続けることも明らかにした。

 また、スポーツ紙や週刊誌各誌の報道によれば、昨年秋まで『報道ステーション』のキャスターを7年間務めていた小川アナが、『報ステ』のライバル番組であるTBSの『NEWS23』のメインキャスターに就任することも明らかになり、テレ朝関係者だけでなくマスコミ各所に衝撃が走った。

「小川アナが『NEWS23』のキャスターに就任するのは、6月か7月になるといわれています。テレ朝を退社してわずか数か月でライバル番組に禁断の移籍をする小川アナに対して、テレ朝の上層部はかなり憤っていると聞いています。同時に、TBSの女子アナも怒っているそう。局の看板報道番組のMCのイスを、数か月前までライバル局にいた女子アナにあっさり奪われるわけですからね。古巣からも新天地からも敵視され、四面楚歌状態の小川アナですが、自身を守ってくれる芸能プロダクションには所属せず、フリーランスとして個人で活動をしていくようですよ」(テレ朝関係者)

 3月15日、同じく3月末でテレ朝を退社してフリーに転身する宇賀なつみアナ(32)がブログを更新。「自分なりに色々と考えた結果、4月以降は、個人でコツコツと活動していくことにしました」(原文ママ)と、小川アナ同様、事務所に所属せず、個人で活動していくことを報告している。

「最近、フリー女子アナは飽和状態。そういうこともあり、事務所によっては特に営業をしてくれないところもあるといいます。宇賀アナは“大金を稼ぎたい”とか“女優になって映画に出たい”なんて思いはなさそうですから、芸能プロには入らないのかもしれませんね。

 また小川アナに代わり、昨年10月から『報ステ』のキャスターを務めている、ウッチャンナンチャン内村光良(54)の妻としても知られる元テレビ朝日アナウンサーの徳永有美(43)も、芸能プロに所属していません。実はこれは、テレ朝の早河洋会長の助言によるものだといいます。事務所に所属するとギャラを折半する必要があるため、必然的にギャラが高くなってしまうが、個人である場合、ギャラを安く抑えられるために仕事を振りやすい。だから早河会長は“事務所に入るな”と徳永に言っていたようです。徳永が『報ステ』に復帰できたのも、事務所に所属していなかったからだともいわれています」(前出のテレ朝関係者)

 万が一スキャンダルを起こした際に、芸能プロに所属していれば、後ろ盾となり守ってくれる場合もあるだろうが、キャスター業だけをやってCMや他のテレビ番組に出演することを望まなければ、事務所に入るメリットはほぼないのかもしれない。

 テレ朝関係者は続ける。

「小川アナもキャスター業への強い思いがあるようで、徳永のケースを参考にしたのかもしれませんね。ただ、小川アナの場合、あるマスコミ関係の大物がバックにいるという噂は聞こえてきますが……」

 4月以降、完全フリーの個人として活動する小川アナの動向に注目が集まっている。

「小川彩佳アナ、“四面楚歌”タブー移籍後の「意外な身の振り方」」のページです。デイリーニュースオンラインは、小川彩佳退社宇賀なつみ徳永有美テレビ朝日カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧