山里亮太『ナカイの窓』中居正広を絶賛「キングオブ悪ふざけ」

日刊大衆

山里亮太『ナカイの窓』中居正広を絶賛「キングオブ悪ふざけ」

 南海キャンディーズ山里亮太(41)が、3月末で終了する『ナカイの窓』(日本テレビ系)でMCの中居正広(46)が山里に仕込んだドッキリについて語っていた。

 この発言があったのは、3月20日深夜放送のラジオ番組『JUNK 山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)でのこと。番組冒頭、山里は「まだ見られてない地域の方もいらっしゃると思うんでね、細かくは言えないですけど」と、生放送が始まる直前まで放送されていた『ナカイの窓』について語り始めた。

 最終回はハワイロケだったのだが、中居が仕込んだドッキリで山里だけ集合日を1日遅らせて伝えられたそうで、山里は「中居正広という男はですね、本当に“キングオブ悪ふざけ”というか」と、中居はテレビの遊び方を熟知しており自分はその遊び道具に選ばれると解説。そして「正直、おいしい思いを必ずさせてくれるんだけど、ただ、“おーい!”っていうショックもある」と胸中を吐露した。

 また、中居が「これって面白ぇよな」と言うアイデアは実際に放送されると面白くなるそうで、山里は「中居さんが投げた球を、全力でスタッフが受けるキャッチボール。剛速球をスタッフがミットでパシーンていい音鳴らした瞬間、それはやっぱテレビで見たら超面白いのよ」と、『ナカイの窓』の面白さの秘密を解説した。

 さらに、山里が“これだけは絶対やりたくない”とNG項目にしている、スカイダイビングをやらされたと明かすと、山里は「“中居というカーナビ”はね、いつだって楽しいところに連れてってくれるけど、とんでもない道を歩かせるのよ」と嘆いたが、続けて「ただ、歩いてるさまは絶対においしくなる」と中居を絶賛。しかし、よほどつらかったのか、「お互いの信頼感から俺はついてくけどさ。本当、地獄だった」とボヤいていた。

 これを聞いていた中居ファンは、ツイッター上で「山ちゃんめちゃくちゃグッとくる表現するなぁ」「山ちゃんの“ナカイの窓愛”が伝わってくる。ありがと」などと、山里への感謝の声を寄せていた。しかし、一方で「山ちゃんに対するイジりが度を超えてる。中居くんて典型的なヤンキー気質で、イジメにすら見えて不快」と、否定的な声もあった。

「山里亮太『ナカイの窓』中居正広を絶賛「キングオブ悪ふざけ」」のページです。デイリーニュースオンラインは、山里亮太の不毛な議論ナカイの窓南海キャンディーズ中居正広山里亮太エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧