小川彩佳『NEWS23』禁断移籍のウラに雨宮塔子の「切実事情」

日刊大衆

小川彩佳『NEWS23』禁断移籍のウラに雨宮塔子の「切実事情」

 6月3日からTBSの報道番組『NEWS23』のメインキャスターとして、フリーアナウンサーの小川彩佳(34)が起用されることが、7日、正式に発表された。小川は、昨年9月までテレビ朝日の報道番組『報道ステーション』キャスターを務め、今年4月5日付でテレビ朝日を退社したばかり。

 フリー転身後、わずか2か月でライバル局のキャスターを務めることになるが、実はこの背景に『NEWS23』の雨宮塔子(48)の“家庭事情”が関係しているというのだ。

「これまでは、辞めた局アナが他局の番組を担当するまで、1年は間を空けるのが業界の慣例といわれていました。NHKを退局した有働由美子(50)が『news zero』(日本テレビ系)キャスターに就任したのは半年後だったりと、少しルールがゆるくなってきているとはいえ、小川アナのように民放のアナが退社して2か月で、他局のキャスターに就任するなど異例中の異例。実際、テレ朝の上層部は、『NEWS23』と小川アナに激怒しているといいますし、テレビ業界の人間は今回の両者の決断に一様に驚いていますね」(テレビ局関係者)

『NEWS23』が、このような「掟破り」の手段に出た理由については、さまざまな声が飛び交っているのだが、民放局報道記者はこう語る。

「『NEWS23』は1989年に『筑紫哲也 NEWS23』の名でスタートした、TBSの看板ともいえる報道番組ですが、ここ数年は視聴率が、3%台を記録するなど深刻なほど低迷している。小川の起用だけでなく、6月にアンカーの星浩氏以外を総入れ替えし、番組を刷新させます。『NEWS23』はTBS報道局が持つ唯一の番組でもあり、筑紫哲也さんが作った報道局の牙城を守りたい、そのためにできることはなんでもやる、というスタッフの強い意気込みがあるそうです」

 小川と交代するかたちで、現在キャスターを務める雨宮塔子は降板となる。一部には「雨宮塔子が気の毒」との声もあるのだが、実は、そもそもこの『NEWS23』の急なリニューアルは雨宮塔子の都合によるもの、という話が漏れ伝わってくるのだ。

「雨宮さんにはフランスに拠点を置く前夫のパティシエ・青木定治氏との間に2人の子どもがいます。2015年3月の離婚後、フランスの法律に則って、親権は青木氏と共同で持つことになりましたが、『NEWS23』に復帰する際に、雨宮さんは2人の子どもを青木氏に託して日本に帰国しました。青木氏は雨宮さんと離婚してすぐ、2015年8月に再婚し、再婚相手とともに子育てをしていたそうです。

 だが、ここ最近、その再婚相手の女性と別れたそうなんです。青木氏ひとりでは子どもの面倒を見ることが大変で、子どもの成長にとっても良くないと。だから雨宮さんは日本での仕事を休止し、フランスに帰ることを決断したそうなんです。今回の中途半端な時期の『NEWS23』降板は、雨宮さんの子育て事情が最大の理由だと聞いていますよ」(芸能プロ関係者)

 改編期でもない6月での「番組リニューアル」は、なんとも不自然に感じられたが、雨宮塔子の抱える「切実な事情」も関係していたようだ。

「小川彩佳『NEWS23』禁断移籍のウラに雨宮塔子の「切実事情」」のページです。デイリーニュースオンラインは、小川彩佳雨宮塔子有働由美子TBS報道ステーションエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧