有田哲平もダメ出し!ゴゴスマ石井亮次アナ「家庭でのギャグ」がドン引きモノ (1/2ページ)

アサ芸プラス

有田哲平もダメ出し!ゴゴスマ石井亮次アナ「家庭でのギャグ」がドン引きモノ

 残念ながらアピールポイントを間違えてしまった?

 名古屋に本社を置くCBCテレビのアナウンサーで、東京ではTBS系で放送されている情報ワイド番組「ゴゴスマ ~GO GO!Smile!~」の司会を務める石井亮次アナが、5月13日に放送されたバラエティ番組「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」(TBS系)に出演。

 今や全国区となった宮根誠司に続く、地方アナ期待の星と呼ばれる石井アナだが、家庭での子どもとのコミュニケーションの模様が放送され、視聴者をドン引きさせてしまったようだ。この日は「妻を悩ませる問題児夫会議」というテーマだったが、石井アナの妻からの「ウチの夫、家族からも好感度を欲しがって大失敗しています」というクレームを紹介。

 それを証明する映像として石井家の日常を撮影したVTRを放送していたが、石井アナは2人の娘に好かれようと食事中に『オナラが出そう』と言って、口でオナラの音を出したり、急に苦しがる演技をして、口からゆで卵を出したりとひたすらボケを連発。また、娘が嫌がる行動の極めつけとして、娘の前で全脱ぎ姿になって体で漢字を書くという衝撃行動をとっていることも暴露されている。

 石井アナはその全脱ぎで行うギャグをスタジオで実演し、笑いをとっていたものの、番組MCの有田哲平は「絡みたくないよね」と本音をポロリ。もう1人の番組司会者である高嶋ちさ子も「こういうアイラブミーなパパが一番うっとうしいですね」として全脱ぎの姿を見せるのことを「一番低俗」とブッタ斬っていた。

 番組MCの2人からは大不評だった石井アナの家庭での振る舞いだが、視聴者からも「マジメなアナウンサーだと思ったのに、下品な人で残念に思った」「さすがに全脱ぎはイヤだわ」「高嶋も嫌いだけど、こればっかりは高嶋が正しい」といった意味の批判的な声が目立っている。

「『週刊文春』が掲載した最新の好きな男性アナウンサーランキングで地方アナとして初のトップ10入りを果たしている石井アナ。そこには 毎日のエゴサーチや視聴者ウケのためにわざとぽっちゃり体形になったりと、世間の好感度を上げるための様々な努力があり、それが実を結んだ形です。しかし、今回の家庭内での様子を解禁したことはマイナスアピールとなってしまったようですね。

「有田哲平もダメ出し!ゴゴスマ石井亮次アナ「家庭でのギャグ」がドン引きモノ」のページです。デイリーニュースオンラインは、人生イロイロ超会議石井亮次有田哲平ゴゴスマアナウンサーエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧