侍ジャパンのアンダースロー・牧田を巡る古巣西武の人間模様 (1/2ページ)

リアルライブ

侍ジャパンのアンダースロー・牧田を巡る古巣西武の人間模様

 アンダースロー・牧田和久(34)の去就に“さまざまな事情”が絡んできた。

 サンティエゴ・パドレスの牧田和久投手が「ロースター40人枠」から外された。その一報が飛び込むなり、古巣・埼玉西武の渡辺久信ゼネラルマネージャー(53/以下=GM)が「(牧田が)NPB復帰を望むなら、もちろん検討する」と言い切った。迅速な対応と言っていい。しかし、多くのメディアは「石井一久GM(45)のいる楽天に行くんじゃないか?」と見ていた。石井GMは埼玉西武で現役を終えた。ノホホンとした風貌からは想像がつかないが、親分肌で、彼を慕う西武の後輩は少なくなかったそうだ。浅村栄斗(28)がFA移籍したのも、その流れである。

 「牧田はメジャーリーグ挑戦について、石井GMに相談していました。アンダースローに対する米球界の評価、配球の違い、生活のことなど。最終的に牧田の背中を押したのは石井GMです」(球界関係者)

 渡辺GMと石井GMの対決。それだけではない。

 牧田のロースター漏れが伝えられたのは、日本時間・6月19日。渡辺GMが前向きな発言を出したのはその翌日だ。石井GMは牧田に関するコメントを発表していない(25日時点)。これには“西武球団が抱える別の案件”が重なっていた。先発、リリーフのどちらもこなせる好右腕・十亀剣(31)が、6月14日に国内FAを取得した。

 2015年・脇谷亮太、16年・岸孝之、17年・野上亮磨、18年・浅村&炭谷銀仁朗と続く主力選手の退団劇に歯止めを掛けなければ、「西武という球団は、そんなに居心地が悪いのか?」と勘繰られてしまう。
「十亀は『オフになってから(去就を)考える』と言っています。シーズン途中にFA権を取得した選手はみんなそう言いますが」(スポーツ紙記者)

 つまり、西武は牧田に“救いの手”を差し伸べることで、十亀にも「ウチは選手思いの球団」と訴えたかったのだ。

 「十亀は渡辺GMが指揮官だった時代に入団してきた投手です。渡辺GMは浅村の退団を本当に残念がっていたし、教え子たちを今もカワイイと思っています」(前出・関係者)

 パ・リーグ出身のプロ野球解説者がこう続ける。

「侍ジャパンのアンダースロー・牧田を巡る古巣西武の人間模様」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧