『この世界の片隅に』地上波放送「のんファン」からも歓喜の声続出 (1/2ページ)

日刊大衆

『この世界の片隅に』地上波放送「のんファン」からも歓喜の声続出

 2016年に公開されたアニメ映画『この世界の片隅に』が、8月3日にNHK総合で地上波初放送されることが発表された。主人公のすず役を演じた女優・のん(能年玲奈/25)の地上波復活に、ファンからは喜びの声が上がっている。

 こうの史代氏の同名コミックが原作の同映画は、戦時中の広島・呉を舞台に、主人公・すずと周囲の人々の日常を描いた作品。単館系映画としては異例の大ヒットを記録し、これまでに日本アカデミー賞・最優秀アニメーション作品賞を始め国内外で多くの賞を獲得。2016年の劇場公開以来、地上波での放送はこれが初となる。

「『この世界の片隅に』は公開から2年以上たった今でも上映している映画館があるほど根強い人気を誇る作品ですが、地上波で放送されたことは一度もありません。ヒロインのすず役を務めるのんは、元所属事務所のレプロエンタテインメントとの確執があると言われており、昨年10月には和解交渉が行われたと報じられましたが、レプロは“何ら解決には至っておりません”とコメントを発表しました。CMにはいくつか出演していますが、現在も地上波に出演する機会はほとんどない状況です」(芸能記者)

『この世界の片隅に』の放送決定はファンにとって待望のニュースだったようで、ネット上では「テレビでのんちゃんの声が聞けるのがめちゃくちゃうれしい」「のんちゃんがNHKに復帰するのは胸が熱くなる!」「声の出演とはいえ、のんさんの主役映画を放送するのは事件じゃないか? 関係者のガッツには本当に感謝したい」と大きな反響が上がっている。

「『この世界の片隅に』地上波放送「のんファン」からも歓喜の声続出」のページです。デイリーニュースオンラインは、のん(能年玲奈)この世界の片隅にあまちゃんカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧