木村拓哉を「ひと言」で表すと?「ちょ待てよ!」「スマスマ」みんなが選んだのは!?

日刊大衆

木村拓哉を「ひと言」で表すと?「ちょ待てよ!」「スマスマ」みんなが選んだのは!?

 “キムタク”こと木村拓哉は、1991年から2016年までSMAPで国民的アイドルとして活躍、SMAP解散後も、俳優としてドラマや映画で類まれなる存在感を放ち、日本人なら知らない人はいないというほどのトップスターだ。

 フジテレビの看板ドラマ枠である月9では、これまで10回も主演を務め、最多主演記録を誇る。かつて、彼のドラマの放送時間になると「街からOL」が消えるといわれ、空前のキムタクブームは社会現象にもなった。

 ここでは、そんな木村に対する世間の人のイメージを調査。10~50代の男女200人に「キムタクを表す言葉」について聞いてみた。

 第3位は、「ロン毛」。

 彼がドラマで一番高視聴率を記録していた90年代頃、木村といえばアメカジファッションとサラサラの“ロン毛”。このヘアスタイルは、若い男性の間で大流行し、一時期街にはキムタク“もどき”があふれた。

 第2位は、「イケメン」「カッコいい」。

 2008年には『anan』(マガジンハウス)の“好きな男ランキング”で15年連続1位を獲得するという偉業を達成し、女性にはもちろん、男性にも人気の高い木村。今回、「イケメンの基準」という回答もあったようにルックスは言うまでもなく、ライフスタイルやふるまい、すべてに対して「イケメン」「カッコいい」と思っている人たちが多かった。

■1位はあのドラマの名セリフ!

 そして第1位は、「ちょ待てよ!」。

 これは1997年に放送された、木村と松たか子主演のドラマ『ラブジェネレーション』(フジテレビ系)での、木村の名セリフ。その後、ものまね芸人のホリがキムタクものまねをする際にこの言葉を連発し、キムタクといえばこの言葉というイメージが広く知れ渡ったようだ。

 以上が今回のトップ3だったが、他にも「SMAP」や、「HERO」「ロンバケ」などのドラマタイトルを挙げる人、最近活躍が著しい娘Koki,のイメージから「父親」という言葉を挙げる人もいた。中には「ナルシスト」というワードを挙げる人もいたが、あれだけのイケメンで人気者なら、本人がどう思っているかどうかは別として、ナルシストに見えてしまうのかもしれない。

 今年10月期にはTBS系の日曜劇場での主演も決定、2020年にはフジテレビ系の開局60周年特別企画のSPドラマ『教場』で“悪役”を演じることも話題になっている木村。令和のキムタクからも目が離せない!

「木村拓哉を「ひと言」で表すと?「ちょ待てよ!」「スマスマ」みんなが選んだのは!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、Kokiスマスマ月9ドラマ工藤静香松たか子カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧