なぜ差がついた!? 山下智久と亀梨和也“俳優”としての明暗が… (1/2ページ)

まいじつ

画/彩賀ゆう
画/彩賀ゆう

ジャニーズファンの間に存在する「シンメ」という概念。これは「シンメトリー」の略で、左右対称で踊る2人のことを指す用語として用いられている。

「厳密に言うと似て非なるものなのですが、まぁ分かりやすく言うと〝コンビ〟のようなもの。例を挙げると、『V6』の森田剛と三宅健、『Hey!Say!JUMP』の山田涼介と知念侑李、『Kis-My-Ft2』の北山宏光と藤ヶ谷太輔といった組み合わせが『シンメ』です」(ジャニーズライター)

しかし、もともと別グループだったにもかかわらず、まるで〝シンメ〟のような扱いを受ける稀有な存在もいる。『KAT-TUN』の亀梨和也と、ソロで活躍する山下智久だ。

2人が名コンビのように扱われるきっかけとなったのは、2005年に結成した『修二と彰』。同ユニットは2人が主演するドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)のために結成され、当時の中高生を中心に大ブームを巻き起こした。

しかし、翌年に亀梨が『KAT-TUN』でデビューして以降、役者としての2人は差が開いていくことに。山下が連ドラ単独初主演を果たした『クロサギ』(TBS系)が後に映画化されるヒット作となった一方、亀梨が伊東美咲とダブル主演を務めた『サプリ』(フジテレビ系)は〝月9〟の看板を背負いながらもパッとしない数字に終わった。

あくまで数字と評価は別モノ?

そして、09年の『1ポンドの福音』(日本テレビ系)第4話にて、亀梨はついに自身初の〝ヒトケタ視聴率〟を記録。翌年の『神の雫』(同系)は平均視聴率6.2%、10年の『ヤマトナデシコ七変化』(TBS系)は平均視聴率8.3%をたたき出し、当時は「低視聴率王」とメディアから非難を受けた。

一方、この間の山下はというと、07年の〝月9〟初主演作『プロポーズ大作戦』(フジテレビ系)が平均視聴率17.3%を記録。翌年に放送開始した『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)は、18年までに3シリーズと映画が公開される最大の代表作にまで成長した。

「確かに、俳優として2人を比べたとき、数字や作品の知名度で言うと山下の圧勝でしょう。山下は今でもたびたびヒット作を生み出しますが、亀梨はいまだに『ごくせん』や『野ブタ。

「なぜ差がついた!? 山下智久と亀梨和也“俳優”としての明暗が…」のページです。デイリーニュースオンラインは、亀梨和也視聴率山下智久ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧