総資産70億円!54歳でクーデター成功?ハンパない日本三大悪女「日野富子」その3 (1/2ページ)

Japaaan

総資産70億円!54歳でクーデター成功?ハンパない日本三大悪女「日野富子」その3

室町幕府第8代将軍・足利義政の正室、日野富子(ひのとみこ)。日本三大悪女に数えられる富子は、如何にして日本史を代表する悪女となったのか。前回に引き続き、その生涯を追っていきましょう。

これまでの記事はこちら

息子の死で側室を全員追放!日本三大悪女のひとり「日野富子」とは?その1

応仁の乱の原因はこの人の野望!?日本三大悪女のひとり「日野富子」とは?その2

お金貯金しまくりな富子

実は富子が悪女と呼ばれた理由は、まだあります。それは巨額の貯金をこしらえたという事でした。え?散財じゃなくて、貯金したならいいじゃない。と思いますよね、そうではないのです。

当時は長きにわたる応仁の乱で庶民は家や財産を失い、貧困に苦しんでいました。そういう民の声を無視して、富子は私腹を肥やしまくっていたのです。

その額なんと約70億円!!

関所の税までを私的に貯蓄しまくった富子の事を庶民は憎み、「悪女」「守銭奴」呼ばわりしていました。

夫と息子に先立たれ…。

やがて民衆の怒りは爆発し、一揆を起こして関所を破壊しました。富子は世の中の嫌われ者になってしまったのです。

「総資産70億円!54歳でクーデター成功?ハンパない日本三大悪女「日野富子」その3」のページです。デイリーニュースオンラインは、日野富子室町時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧