『Heaven?』最終回、「意味が分からない」の指摘 前回より“テンポが良かった”のに批判が出たワケ (1/2ページ)

リアルライブ

『Heaven?』最終回、「意味が分からない」の指摘 前回より“テンポが良かった”のに批判が出たワケ

 火曜ドラマ『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)の最終回第10話が10日に放送され、平均視聴率が8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。第9話の8.5%からは0.2ポイントのアップ。全話平均視聴率は8.7%となった。

 最終回は、伊賀(福士蒼汰)が、母(財前直見)から、父がジンバブエに転勤になったことを告げられるというストーリー。しかし、母は意外にも「付いて来なくていい」と言う姿勢を示す。それが「北風と太陽」の“太陽”作戦だと悟った仮名子(石原さとみ)は同じように太陽作戦を取り、「ロワン・ディシー」に伊賀が必要ないことをアピールする。揺れる伊賀は、ジンバブエに行く決意を固め――というストーリーになっていた。

 当初、“生首演出”などで物議を醸し、ストーリーのテンポの悪さも指摘されていた本作だが、最終回放送後は意外な声が聞かれたという。

 「不評だった生首演出は最後の最後までありましたが、途中からは視聴者の方が慣れたのか、批判は止んだ形に。恋愛要素や、複雑な人間関係、大きな事件などがなく、登場人物の個性だけで成り立っているドラマでしたが、『気楽に見れる』として、一定の層からの人気を得ていました。放送後、視聴者からは、『ふわふわしてるドラマだったから見てて楽しかったし、終わって寂しい』『もうあのみんなのわちゃわちゃ感が見れないかと思うと悲しいな』といった寂しがる声が殺到。放送開始直後には考えられませんでしたが、意外な人気を確保していたようでした」(芸能ライター)

 とはいえ、ラストにはやはり批判の声も寄せられていた。

 「最後は、ロワン・ディシーの場所に和菓子の老舗が店を出したいと立ち退きの話が出て来るも、従業員たちは反対。レストランをやめ、老舗和菓子店に場所を取られないために、より経営の上手く行きそうな和風喫茶にするという案が出て来ます。一方、仮名子もいったんはこの場所を守って喫茶を始めようとするも、伊賀の『オーナーは、好きな時に好きなだけおいしいものを飲み食いできる場所を求めてる』『オーナーはオーナーでありながら客であると矛盾した存在でした。

「『Heaven?』最終回、「意味が分からない」の指摘 前回より“テンポが良かった”のに批判が出たワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧