アラサーの3割が未経験…「高齢処女」の取り扱い説明書

デイリーニュースオンライン

0922_syojyo.jpg

 一昔前には考えられなかった「高齢処女」という存在。2010年に厚生労働省が発表した「出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」によると、20代後半で3割弱の女性が「性体験はない」と回答しています。

「アラサーなんだから、さすがに性行為は経験済みでしょ」

 なんて思うのは、時代遅れかもしれませんよ。愛しい彼女と「さぁ、いよいよ初めての…」と思ったとき、彼女が処女の可能性は十分にあります。そんなとき、あなたならどんな性行為をしますか?

こわばった体をまずほぐす作業から

 女性がどれだけ事前に知識を仕入れていても、いざ「初めて」を迎える瞬間は大きな不安と恐怖をおぼえます。

「とにかく『怖い』の一言。緊張で身体はこわばっていると思うから、リラックスさせてほしい」(29歳/サービス)

 早く繋がりたいという気持ちは抑えて、ゆっくり愛撫をしたり、「大丈夫だよ」と優しい言葉をかけたりして、彼女の緊張をほぐしてあげてください。言葉と行動の双方で示すことが大事です。「誠実な人だな」と思ってもらえるのに加えて、彼女からの信頼も得られるはず!

挿入に備え、しっかりと愛撫して濡らす

「初めてのときは痛いと聞いたので、できるだけ時間をかけて愛撫をしてほしいです。濡れていないと余計に痛みを感じるだろうし……」(30歳/アパレル)

 誰もが知っていそうな「初めては痛い」という話。少しでも彼女の負担を減らせるように、しっかりと愛撫をして準備を整えてくださいね。それぞれの体質にもよりますが、心と身体をリラックスさせてあげれば、女性は濡れやすくなるものです。

フェラ強要、おもちゃ使用はやめて

「ローターやバイブを使うのはなんだか怖い。身体に機械を入れたくない」(27歳/運輸)「初めてで口で…を強要されたら嫌だなって思います」(25歳/建設)

 何もかもが未経験の人は、ボディタッチから挿入までの間も大変な作業に。女性はそれだけで手一杯になってしまいます。まずは女性に負担をかけないよう、大人のおもちゃや口淫の強要はやめてくださいね。女性が望んだときや、性行為に慣れてきたときに楽しみましょう。いきなり詰め込みすぎないのが大事です。

「本当に処女だったんだ!」は絶対タブー

 高齢処女が増えているとはいえ、自分が処女であることを気にする女性も多いもの。

「アラサー処女なので、『その年齢で処女なの?』と引かれそう……。もしエッチをしたときに『本当にまだ処女だったんだ、びっくり』みたいな、バカにするような発言をされたら悲しいです」(30歳/サービス)

 こんな一言を口にしてしまっては、せっかくの甘い雰囲気も台なしに。あなたに処女を捧げてくれた彼女をひどく傷つけてしまいます。心の中でそう感じたとしても、気持ちはそっと胸の中にしまっておいてくださいね。もし私がこの女性の立場だったら、そんな無神経な発言をする男性と付き合っていけるか不安です。

 処女を相手に性行為をするのは大変かもしれませんが、女性にとっては人生で一度きりの大切なイベント。大切な処女を「奪われた」ではなく「あげた」と思ってもらえるよう、紳士的に接してあげてくださいね。

(文/神之れい)

「アラサーの3割が未経験…「高齢処女」の取り扱い説明書」のページです。デイリーニュースオンラインは、アラサー女子などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧