女子が嘆く「イケメンはゲイばかり!」は本当か (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

都会の女子界隈で有名なあの噂をゲイ本人が検証
都会の女子界隈で有名なあの噂をゲイ本人が検証

【ゲイリーマン発 日本のリアル】

 米国の映画などを見ていると、「ニューヨークのイケメンはみんなゲイ!」というセリフが出てきたり、ある女友達も「新宿を歩いている若いイケメンはほとんどゲイらしいけどホント?」なんていう、根も葉もない噂を聞いたとか……。

 ゲイリーマン発「日本のリアル」は、少し社会的な内容を多めにお届けしてきましたが、今回は小休止の意味も込め、特にノンケ女子の間で噂される根強い都市伝説(?)「ゲイにはイケメンが多い説」について考えて行きたと思います。

そもそもの「イケメン」の指す対象の違いに留意

 筆者も週末になると友人たちと新宿二丁目にはしばしば飲みに行きますし、ゲイ向けのイベントなどにも度々参加しますが、筆者の印象としてこの「ゲイにはイケメンが多い説」はたぶん事実だと思います。

 筆者も全員のゲイと会ったことがあるわけではないですし、そもそもノンケ女子が言うイケメンと多くのゲイが言うイケメンとの定義も違っています。一般的に日本の若い女性は、ジャニーズ系のタレントさんなどに代表される、痩せ型で清潔感があり、優しげな雰囲気の男性を指して「イケメン」と呼ぶことが多いと感じますが、ゲイの場合、「イケメン」という言葉が指す対象は、黒髪のベリーショートで身体を鍛えていたり、お洒落ヒゲを生やしていたりする、男性性をより強調したファッションや雰囲気を身にまとった人を指すことが多いと感じます。

 このように、そもそものノンケ男性とゲイとでは「イケメン」の定義にズレがあるので、普段ノンケの間で共有されているイケメン像を見聞きしている女子たちが、いつもと少し違った種類の男性たちを見ることで刺激され、珍しいという意味も含んでカッコイイと感じることは十分に起き得ることと考えられます。

「女子が嘆く「イケメンはゲイばかり!」は本当か」のページです。デイリーニュースオンラインは、LGBT出会いカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧