マツコ・デラックス、肉や魚も実は得意ではない偏食ぶり

デイリーニュースオンライン

食べるものもデラックス
食べるものもデラックス

 今や日本のMCの代名詞ともなったマツコ・デラックスの人気が止まらない。

 髪を伸ばし、カラフルなドレスを身にまとい、メイクもバッチリしている、清潔感のあるおデブオネエ。あの嫌みのない毒に女性からの人気が高いのも納得だ。しかしタレント活動をする前は、ボウズ頭にもじゃもじゃヒゲ、もちろんスッピンが基本だった時代がある。

 当時はゲイ雑誌、『バディ』の編集として名を馳せ、AV男優のしみけんに「僕のメンターだ」とまで言わしめる存在感を発揮。そんなマツコは、食べるモノもデラックスだったという。

知人が語る恐怖のおでん屋事件

 マツコ・デラックスの知人が話す。

「あの人は体重が100㌔も超えるあの巨漢なのに、肉が好きじゃないの。魚なんて口にしてるの、ほとんど見たことがないわ。自分からお店に食べに行ってるところなんてみたことがない。その分ね、炭水化物とかとにかく卵が好きなの」

 確かに以前、番組の中でマツコはこう語っている。

「もう何にもしたくない日は、お米を3合炊いて、そこに生卵を5個割り入れ、岩ノリを少々。しゃもじで混ぜて、そのまましゃもじで食べるのよ」

 しかし過去を知る人は、もっとおかしな食べ方を目にしていたというから驚きだ。

「昔はよく一緒におでん屋に行ったのね。そしたら、どんぶりばちにご飯を注文して、その上に卵を10個も頼むの。箸をぶすぶすさしていって、おでんの出汁が入りやすい様にしてから汁をかけて。バックバク食べるの~。すごいスピードだし、一緒にいて恥ずかしかったわよ。伝説のしゃもじ卵かけごはんは、テレビではおしゃれに岩ノリを入れて~なんて言ってたけど、本当はじゃばじゃば醤油をかけてた。当時から、米をいかにして大量に食べるかに挑戦してたわ(笑)」

 現在は、あの体型ながら健康診断で引っかかることもないというマツコ。ここで肉や魚を覚えれば恐ろしい数値になること間違いない。

(取材・文/大伯飛鳥)

「マツコ・デラックス、肉や魚も実は得意ではない偏食ぶり」のページです。デイリーニュースオンラインは、マツコデラックスダイエットテレビ番組芸能グルメエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧