目は口ほどにものを言う。細長い目は狩るもの、丸い目はかられるものの証(米研究)

カラパイア

目は口ほどにものを言う。細長い目は狩るもの、丸い目はかられるものの証(米研究)
目は口ほどにものを言う。細長い目は狩るもの、丸い目はかられるものの証(米研究)

食う者と食われる者、これを見分けるにはその目を覗き込めばいい。 米カリフォルニア大学バークレー校のマーティン・バンクス教授とウィリアム・スプレーグ博士らは、陸生動物214種の瞳を調査した。その結果、羊や山羊といった被捕食者は横長の瞳をしているが、猫やワニなどの捕食者の瞳は縦に割れていることが判明した。 そのどちらも、進化上の意味合いがあるようだ。草食動物の横に広がった瞳は、広い視野の確保に役立つ。...

「目は口ほどにものを言う。細長い目は狩るもの、丸い目はかられるものの証(米研究)」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧