映画『進撃の巨人』が酷評されるワケ「不自然な描写の連発」|架神恭介コラム

デイリーニュースオンライン

映画「進撃の巨人」公式サイトより
映画「進撃の巨人」公式サイトより

映画批評サイト「超映画批評」が進撃の巨人の酷評を書いたところ、映画版のスタッフがこれに反応して失言し、炎上騒ぎになったことがありました。 超映画批評「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」  それで一時は、スタッフを叩いたりする流れもあったわけですが、個人的には作品と作り手は切り離して考えるべきだと思っています。作り手が聖人だろうが凶悪テロリストだろうが、良いものは良い、悪いものは悪いで、失言など全くど...

「映画『進撃の巨人』が酷評されるワケ「不自然な描写の連発」|架神恭介コラム」のページです。デイリーニュースオンラインは、漫画映画連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧