戦前の日本戦艦を見学できるタイ海軍「プラジュンジョムクラオ要塞」に潜入

デイリーニュースオンライン

メークロン号は河に浮いているわけではなく、地面に設置されている(撮影/髙田胤臣)
メークロン号は河に浮いているわけではなく、地面に設置されている(撮影/髙田胤臣)

バンコクを通り抜ける大河、チャオプラヤ河の河口にタイ海軍の公園がある。この公園は1883年ごろに建設された要塞跡地で、その時代の国王だったラマ5世王の名を冠して「プラジュンジョムクラオ要塞」とタイ人は呼ぶ。この要塞には日本製の戦艦が展示され、タイと日本の関わりを垣間見ることができる。  ラマ5世は今でもタイ人から人気があり、ここに祀られているラマ5世像が参拝スポットとなっている。 <class="image">タ...

「戦前の日本戦艦を見学できるタイ海軍「プラジュンジョムクラオ要塞」に潜入」のページです。デイリーニュースオンラインは、やってみた軍事カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧