辣腕ラノベ編集者 三木一馬の初著書『面白ければなんでもあり』 6000万部の男が語る仕事術とは?

KAI-YOU.net

辣腕ラノベ編集者 三木一馬の初著書『面白ければなんでもあり』 6000万部の男が語る仕事術とは?

ライトノベルレーベル最大手の電撃文庫編集長をつとめる三木一馬さんによる思想や仕事術が詰まった著書『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部――とある編集の仕事目録(ライフワーク)』が、12月10日(木)に発売される。 書籍の副題は自身が担当編集をつとめた『とある魔術の禁書目録』に因んだもので、表紙イラストには、同じく自身が担当した『ソードアート・オンライン』(『SAO』)のイラストを手がけたabecさんによ...

「辣腕ラノベ編集者 三木一馬の初著書『面白ければなんでもあり』 6000万部の男が語る仕事術とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、三木一馬ラノベKADOKAWA長井龍雪新房昭之カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧