30本塁打でも引退!? 好成績の年にプロ野球界を去った男たち

デイリーニュースオンライン

今年の夏の甲子園では始球式も務めた王貞治氏。30本塁打を放って引退した
今年の夏の甲子園では始球式も務めた王貞治氏。30本塁打を放って引退した

11月も半ばを過ぎ、今年のプロ野球を振り返れば、大物選手が次々と引退を表明したシーズンでもあった。  近年はトレーニング理論の発達やサポート体制の強化、また選手自身の自己管理意識が高まり、ベテラン選手の活躍も増えている。多くの実力者が30代後半〜40代までプレーするようになり、力尽きるまでプロ野球選手人生を全うする流れだ。  引退を表明した主要な選手の、今シーズン成績は以下の通り。 山本昌(50)  1...

「30本塁打でも引退!? 好成績の年にプロ野球界を去った男たち」のページです。デイリーニュースオンラインは、プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧