住宅はもはや粗大ゴミ?3軒に1軒が空き家に?お金をもらって引き取る例も

ビジネスジャーナル

「写真素材 足成」より
「写真素材 足成」より

「空き家」が社会問題になっている。  2014年に総務省が公表したデータによれば、全国の空き家の数は820万戸。総住宅数に占める割合は13.5%。つまり、ほぼ7軒に1軒は空き家になっている計算だ。  さらに野村総合研究所が15年6月22日に発表したニュースリリースによれば、住宅の除去、減築などが進まない場合、33年には空き家の数は約2150万戸になるという。すなわち、3軒に1軒が空き家になるのだ。  特に少子高齢化の影...

「住宅はもはや粗大ゴミ?3軒に1軒が空き家に?お金をもらって引き取る例も」のページです。デイリーニュースオンラインは、土地活用不動産業者空き家少子高齢化社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧