大阪ドヤ街に活気…西成・ガールズバーが急増するワケ

デイリーニュースオンライン

「居酒屋 芯ちゃん」にて。向かって左から2人目がママ
「居酒屋 芯ちゃん」にて。向かって左から2人目がママ

かつて「日本で唯一、暴動が起きる街」と言われた大阪・西成のあいりん地区(通称・釜ヶ崎)だが、いまやその様相は大きく変わった。 「最後に暴動らしい暴動が起きたのは08年や。物騒な雰囲気は今もあるけど、昔ほどやない。暴動なんてもう起きへんやろな。今や完全に“福祉の街”になってしもた。それから、“チャイナ”な」  西成の“最深部”、萩之茶屋本通り商店街の商店主(60代)が言うように、かつては日雇い労働者向けの...

「大阪ドヤ街に活気…西成・ガールズバーが急増するワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、貧困西成中国大阪社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧