追悼、野坂昭如! 『火垂るの墓』よりも圧倒的に後味が悪い傑作小説とは?

トカナ

画像は、『アメリカひじき・火垂るの墓』(新潮文庫)
画像は、『アメリカひじき・火垂るの墓』(新潮文庫)

「焼け跡闇市やみいち派」を自称した作家で、元参議院議員の野坂昭如(のさか・あきゆき)が9日心不全で亡くなっていたことがわかった。  自身の戦争体験を基に書かれた『火垂るの墓』で直木賞を受賞。その後、高畑勲監督のもと、スタジオジブリがアニメ化したことで、老若男女が知る大作家となった。ちなみに、映画の公開時、『火垂るの墓』と『となりのトトロ』は2本立てで同時上映されていた。筆者が見た時の上映は「火垂...

「追悼、野坂昭如! 『火垂るの墓』よりも圧倒的に後味が悪い傑作小説とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、野坂昭如死児を育てる火垂るの墓カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧