【プロ野球】SB松田もメジャー交渉まとまらず…日本人内野手が”低評価”なワケ

デイリーニュースオンライン

残留が決まったものの……
残留が決まったものの……

海外フリーエージェント(FA)権を行使し、福岡ソフトバンクホームスからメジャーリーグ挑戦を目指していた松田宣浩内野手(32)が、残留を決断したことが分かった。ソフトバンクから提示された、4年総額16億円プラス出来高払い(金額は推定)で合意したものとみられ、球団が目標と掲げるプロ野球史上初の〝10連覇〟に、熱い思いが傾いたとも言われている。  12月24日に残留が正式に発表されたことで、ホークスファンには最高...

「【プロ野球】SB松田もメジャー交渉まとまらず…日本人内野手が”低評価”なワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、プロ野球スポーツスポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧